QY8にコンプライのイヤホンチップ500を装着して最強のBluetoothイヤホンに

wp-1455059894002
スポンサーリンク

最強のBluetoothイヤホンを完成させました。当ブログでも紹介している「QCY QY8」というBluetoothイヤホンがありますが、QY8のイヤーピースを交換することで、最強のBluetoothイヤホンが完成します。今回完成させたイヤホンの音を聞いたら驚くでしょう。いくらイヤーピースを交換したとはいえ、3,000円で買えるワイヤレスのイヤホンとは思えない音質になってしまうからです。

image

コンプライの500番を購入

20160209_144908
用意するイヤーピースは、COMPLY(コンプライ)というメーカーのイヤーピースです。交換用イヤーピースで1番有名なメーカーなだけあって、様々な大きさのイヤーピースが発売されています。店頭に行ったら何を購入したらいいかサッパリわからないと思います。

コンプライのイヤーピースは、穴のサイズが5つあります。「100」「200」「300」「400」「500」と5つに分かれています。1番小さいのが「100」で、1番大きいのが「500」になります。ヘッド部分の大きさに合わせて購入することで、様々なタイプのイヤホンに装着することが可能になっています。

「QY8」に合うのは「500」という数字が書いてあるものになります。

耳の穴のサイズは3種類。「S」「M」「L」という風に分かれています。自分の耳の穴の大きさに合わせて購入しましょう。

「T」「TX」「TS」「TSX」と数字の前にアルファベットがありますが、このアルファベットがイヤーピースの形状を表しています。「T」が付いているものは、台形の形状をしています。「TX」というアルファベットが付いているものは、Tシリーズと同じ形ですが、音が出る部分に耳垢の侵入を塞ぐ、耳垢ガードが付いています。「TS」というアルファベットが付くものは、イヤーピースの形状が丸い形状になっています。「TSX」は、丸い形状のイヤーピースに耳垢ガードが付いているものになります。

台形か丸型か。自分の好みに合わせて決めましょう。

QY8に合うのは500番です

QY8のヘッド部分に合うのは、500番のイヤーピースになります。500番のイヤーピースでも、装着するのがキツくなっています。400番のイヤーピースでは装着できないと思われます。

◯◯500の◯サイズを購入すればオッケーです。最初の◯◯は、イヤーピースの形状(台形か丸か)、最後の◯は、自分の耳穴の大きさのことです。

装着方法

QY8のヘッド部分より、イヤーピースの口径が小さいため、パッと見ると入らないように見えます。たしかにヘッド部分の口径よりイヤーピースの口径のほうが小さいのですが、ヘッド部分の先端だけが太いだけのため、イヤーピースの穴を斜めに差し込むことで装着できます。
20160209_150500

20160209_150518 20160209_150709

無理矢理押し込む感じになりますが、一度入ってしまえば問題ありません。中がゴムになっているため、QY8のヘッド部分にピッタリと合います。

20160209_150736

イヤーピースがクシャクシャになっていますが、時間が経てば元に戻ります。無理矢理ヘッド部分に押しこむために、イヤーピースがクシャクシャになってしまいます。低反発ポリウレタンを使っているので、しばらくすると、元の形状に戻ります。
このようにイヤーピースを小さくして耳に押しこみ、ピッタリと耳にフィットさせることができます。しっかりと耳の穴に入れることで、素晴らし音を聞くことができます。

音を聞いてビックリ

あとは大好きな音楽を聴いてください。あまりの音の良さに驚くことでしょう。QY8付属のイヤーピースでは伝わりにくい低音も厚みが増し、高音もうっとりするほどの綺麗な音に。3,000円で購入できるワイヤレスイヤホンの音とは思えません。

QY8にコンプライ社の500番のイヤーピースを装着することで、最強のワイヤレスイヤホンが完成します。音に拘る方は、試してみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly