薄いiMacと小さくないiPadが本命?!

スポンサーリンク

Appleの発表会が終わりました。事前の噂通りの発表でしたが、何点か個人的に期待していた、想定外の発表もありました。たくさんの製品発表がありすぎて何を購入したらいいのか分からない方も多いので、何を買うべきなのか考えてみたいと思います。

アップル – デスクトップパソコン – iMac
薄くなったiMac。

まずはiMac。ほぼ完成されているiMacはマイナーチェンジ的な新型が出ると思われていましたが、

まさかのフルモデルチェンジ!

基本は今までのデザインを踏襲していますが、一目で分かる薄さ!!!実際はディスプレイの中央部分がハードが詰まっていて膨らんでいますが、それでも充分すぎる薄さ。

しかし、薄くなったともに失った物もあります。それはディスクドライブ。今回のiMacからディスクドライブが内蔵されていないので、CDやDVDを入れることができません。CDやDVDを読み込みたい人は、外付けのディスクドライブを購入しないといけません。

Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A

ノートパソコンなら外に持ち出したりするから、ディスクドライブを無くすことで軽量化するのも納得がいくのですが、デスクトップパソコンのiMacでもディスクドライブを無くしてしまいました。iMacの前にMac miniですでにディスクドライブを無くしていたので、いつかはiMacからもディスクドライブが無くなる日がくるのも予想していましたが、まさか今回のモデルチェンジでなくしてくるとは、、、

ここ数ヶ月の自分のディスクドライブの使用頻度という物を考えてみると、2週間に1回あるかないか。それぐらい使用頻度は低くなっています。あまり使わない物は無くしてしまうというのがAppleなので、あったら便利からもしれないけど、それを無くすことでより未来に進めるなら(デザイン的に薄くしたり)進むのがApple。このディスクドライブの撤廃は賛否両論あるでしょうけど、きっと実物の新型iMacを目にしたら、やっぱり無くして正解だったと思ってしまうでしょう(笑)

その他の変更点としましては、

USBが2.0からUSB3.0に変更。

Thunderboltポートが2つに増えた。(今回は21インチモデルも2つ)

FireWireポートが無くなった(これが無くなったことも賛否両論あり)

マイク入力端子がなくなった(ヘッドフォン端子はあります)

SDXCカードスロットが側面から背面に(とても使いづらいと思われます)

フュージョンドライブというのに変更できる(HDDとSDDのハイブリッド仕様?)

以上のように細かい変更点がありますが、今回のモデルチェンジで一番の大きな変更点は、

液晶がさらに綺麗になった

iMacの一番のセールスポイントのこの大きい液晶が、より綺麗になりました。
今までのiMacよりディスプレイの反射を75パーセント抑えています。さらに液晶ディスプレイをガラスに密着させ、より画面が前にきているようです(iPhoneやiPadと同じような感じに)

以上がiMacの変更点です。値段はほぼ据え置きで薄型の新デザイン。これは結構売れると思います。ただ発売は21インチモデルが11月から、27インチが12月からなので今しばらくお待ち下さい。やはり薄型にして生産が難しくて、iMacの発売が遅れるという噂は本当だったようです。

さぁ、長い間まったiMacも無事新型が発表されましたが、まさかの発表がもう一つありました。それはiPadです。小さいiPadじゃありません。今も発売されている普通のiPadです。iPad miniより、この新しい今まであるサイズのiPadが今回の発表の中で本命だと個人的には思っています。

何が変わったのか、、、それは

A6チップがiPadに搭載された!

これはかなり凄いことだと思います!他にはあまりたいした変更点はありませんが、これがiPadに載ったことで、もしかしたらタブレットの世界が大きく変わるかもしれません。

このA6チップというのはiPhone5に搭載された新しい機械の頭脳です。このA6チップの性能が抜群によくて、iPhone5の処理スピードがめちゃくちゃ速いのです。iPhone5でインターネットもしていると、今までのiPhoneとは比べものにはならないくらい速い!このチップがiPadに載ったら、こんな大きな画面でサクサクインターネットが出来たら、世界が変わるだろうと思っていました。でもきっとそれはまだ先なんだろうと。来年の新しいiPadが出るまでは、A6チップは載らないだろうと思っていました。

Apple、「A6X」チップを搭載した「iPad (第4世代)」を発表
まさかのA6チップ!

それがもう今のiPadにA6チップを搭載すると発表が!これはかなり良いと思います。新型のiPadは絶対買いです!iPad miniよりiPad Retinaモデル(第4世代iPad)これが今回の発表会の本命だと思います。iPhone5のあのスピードがiPadにもきたら、かなり無敵だと思います。

やはりこの噂も本当だったのでしょう。

Apple、サプライヤーに対し来年中頃発売予定の「次期iPad」に備えるように依頼
次のiPadは来年の中頃に?!


次のiPadは来年の8月ぐらいの発売になると思われますし、A6チップ搭載で驚異のスピードを手に入れた、新型iPadは間違いなく買いだと思います。

たくさんの新製品が発表されましたが、薄くなった新型iMacと今までのサイズの新型iPadが買いだと思います。

でもやっぱりiPad miniもいいかなぁ、、、MacBook Pro Retina13インチモデルもいいかなぁ、、、
Appleファンは今年の年末は大変なことになりそうです(笑)

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly