1ヶ月DMM Mobileを使った感想。すごくいい!

スポンサーリンク

9.7インチiPad Proを購入したので、急遽データ通信用SIMカードを契約しました。色々検討した結果、DMM Mobileと契約しました。SIMカードの契約と聞くと、色々と面倒くさいイメージがありますが、そんなことはありません。音声通話のSIMカードではなく、データ通信しかできないSIMカードは簡単に契約ができます。

docomo、au、SoftBank、3大キャリアのSIMカードから、格安SIMカードに切り替えるのは、なかなか勇気がいります。格安SIMの通信速度がイマイチだったとき、再度契約を戻す手間がかかります。

そういった方は、まずデータ通信のSIMカードを契約してみましょう。データ通信のSIMカードは、ネット上で簡単に契約することができます。クレジットカードで料金を引き落とせば、すぐにSIMカードが届きます。

SIMカードが手元に届いたら、あとは端末に差し込んで設定するだけです。端末に小さいカードが入っていること自体を知らない人もいますが、みなさんが使っているスマートフォンの中には、SIMカードと呼ばれるカードが入っています。このSIMカードがないと、Wi-Fi環境以外で通信をすることができません。とても小さいカードですが、大切に管理しましょう。

データのチャージが簡単で安い

僕がDMM Mobileで気に入ったところは、データのチャージが簡単で安いということです。自分のアカウントでログインすると、どれだけ通信しているのかが分かります。
img_0145
とてもわかり易い画面になっています。月にどれぐらい使っているのか一目瞭然です。制限容量をオーバーしてしまっても、ネット上で簡単にチャージすることができます。DMM Mobileの面白いところは、翌日に繰り越すことができないけれど、1GBの通信容量が安く購入できるところ。通常1,100円のところが、なんと480円で購入できます。ガンガン通信する人は、迷わず安いほうを買っておきましょう。また足りなくなったらチャージすればいいだけです。

体感の通信速度が速い

格安SIMカードは、会社によって通信速度に差があります。ドコモの回線を使っているといっても、必ずしも速い訳ではありません。しっかりと設備増強をしていないと、通信速度が落ちてきます。1ヶ月使った感想ですが、遅すぎてイライラするということはありませんでした。昼の12時から13時、夕方17時以降の混雑する時間帯でも、サクサクと通信することができました。楽天モバイルも契約していますが、楽天モバイルより快適に通信できています。楽天モバイルは加入者がかなり増えているため、急速に通信速度が落ちている感じがします。有名すぎるが故に、加入者が増えすぎてしまっているのでしょう。通信速度、料金、加入者数のバランスを、どこで取るのか。楽天モバイルにとっては、難しい舵取りをする必要があります。

DMM Mobileも通信速度が遅くなってくる可能性はありますが、ネット上の評判を見ていると、昔から一定以上の通信速度は維持しているように感じます。これからも、ユーザーの不満が出るレベルの通信速度にはならないよう努めてくれると信じたいと思います。

安くて速いデータ通信専用SIMカードが欲しい方は、DMM Mobileをオススメします!

今月は3GBで契約しましたが、5月は5GBに変更しました。通信契約の変更が簡単にできるのも、DMM Mobileの良いところです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly