気になったニュース「次期iPhoneのデザイン」良いとも悪いとも言えないデザインでいいのだろうか

スポンサーリンク

例年通り、次のiPhoneの噂がチラホラ出てきています。ここ数年のパターンだと、春ぐらいに出ている噂通りの物が発売されています。そういった過去の事例から、いま出ている次のiPhoneの噂は当たっているでしょう。

Mac Rumors記事:Possible iPhone 7 Dummy Unit Showcases Removed Antenna Bands, Smart Connector, and Flush Camera

性能的なことは置いておいて、このデザインでいいのでしょうか。ほとんどiPhone6sと変わらないデザイン。非常に新鮮さに乏しいのは勿論、イマイチかっこいいとは思えないiPhone6sのデザインを踏襲しています。本体背面の線が、目立たないような位置に移動しています。iPhone6が出る前から、この線はないと言われていました。実際に発売されたiPhone6は、とてもカッコいいとは言えない線が付いていました。評判の悪い電波を受信するための線が移動していることで、これまでのデザインを否定していることになります。線が無くなっている訳ではないので、無しにはできないということなのでしょう。そうだとしたら、最初から目立たない位置に配置しておけばよかったと思うのですが、、、スティーブ・ジョブズが健在だったら、デザインで妥協することはあり得ませんでした。もしスティーブがいたら、iPhone6の背面に線を入れて発売させなかったでしょう。発売するまでに無くせと言われて終わりです。無茶なことを言える人がいなくなって、無難に物事をこなしていく会社になってしまいました。

iPhoneが売れすぎたせいで、失敗が許されない状況です。予定通り発売しなかったら、とんでもないことになります。売れすぎる商品を抱えてしまったため、冒険が難しくなっています。世界で一番の会社になってしまったせいで、冒険ができずらくなったApple。僕らが再び熱狂する日はくるのでしょうか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly