写真が好きになれないのはカメラが悪いから。「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」を購入して、写真が大好きになりました。

スポンサーリンク
image

何台かデジカメを持っている、写真愛好家です。写真について語れるというには程遠い腕前ですが、それなりに写真を撮っています。写真を撮るようになると、他の人が撮った写真が気になるようになります。何かに興味を持つと、他人はどんな感じだろうかと気になるようになるのは僕だけではないはず。当然インターネットで他の人の写真を調べる訳ですが、あまりに綺麗な写真がばかりで驚いてしまいます。

どうやったら、こんな綺麗な写真が撮れるのだろう。あのような綺麗な写真を撮ってみたい。そう思いながら写真を撮りますが、足元にも及ばないような写真しか撮れず、1人落ち込みます。

何事もそう簡単にはうまくいきません。誰が見ても綺麗だなぁと思う写真を撮る人は、そもそも撮る枚数が桁違いに多いのでしょう。経験に勝るものはありません。凄腕の人たちに負けないぐらい写真を撮れば、きっとうまくなるはず。そう思って、手元にあるスマートフォンで料理の写真を撮りますが、まったく上達しません。綺麗に撮れているといえば撮れていますが、普通に綺麗に撮れている写真で、大きな感動はありません。

撮っても感動のない料理の写真ばかりを撮っていると、次第に写真を撮らなくなります。撮らなければ写真は上達しません。写真を撮るようになるためには、どうしたらいいのでしょうか。

撮るのが楽しくなるような、綺麗な写真が撮れるカメラを手に入れる。

これしかありません。いいカメラを手に入れて、いい写真を撮ること。いい写真が撮れれば、きっと写真がもっと好きになるはずです。

どんなカメラを購入するべきか悩む日々が始まりました。

なぜOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡを購入したのか

色々悩んで購入したカメラは「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」。オリンパスが発売しているミラーレスカメラです。マイクロフォーサーズシステムという規格に準拠したミラーレスカメラになります。ミラーレスですから、一眼レフにはある鏡がないため、コンパクトなカメラになっています。

軽くてコンパクトなこと。1番重視したのは、いつでも持ち歩けるカメラであることです。綺麗な写真が撮れても、重くて持ち出すのが億劫になってしまっては意味がありません。どこへでも持っていけるカメラであるというのが絶対条件。

必然的にミラーレスカメラの中から、良い写真が撮れるカメラを探すことになりました。

drikin氏、ジェットダイスケ氏、いしたにまさき氏を信じて購入を決断

数え切れないぐらいのミラーレスカメラがあります。何を買ったらいいのか分からなくなってきます。こういう時は、その道のプロが勧めるものを購入するのが1番です。

色々ネットで調べたりしましたが、いつも拝聴しているPodcast、#Backspace FMのメインパーソナリティdrikin氏の言葉が決め手になりました。

drikin氏がOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡを購入したのは、ジェットダイスケ氏、いしたにまさき氏の2人が強烈にプッシュしてきたからです。彼らがOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡを勧める理由は以下の通りです。

  1. 5軸手振れ補正が凄い
  2. レンズが安い
  3. ごみ取り機能が秀逸

この3つが大きな理由とのこと。5軸手振れ補正とは、

レンズ内手ぶれ補正機構では補正できない回転ぶれや、マクロ撮影時に発生しやすいシフト(並進)ぶれも強力に補正。暗い場所や望遠撮影時も手ぶれを気にすることなく、手持ちで撮影が楽しめます。また、すべてのレンズでファインダー像のぶれを止めることができるので、安定したフレーミングが可能です。

OLYMPUSのWebページに書いてあります。細かいことはよく分からないかもしれませんが、非常に強力な手振れ補正システムです。実際に写真を撮ってみても、暗い場所でも、手ぶれせず綺麗に撮れています。

次に、レンズが安いということです。庶民にはありがたい話です。どうやらOLYMPUSのレンズは安いようです。いいカメラを買おうとすると、ボディが高すぎて、レンズを購入するお金がなくなります。様々なレンズを購入しないことには、レンズ交換式カメラの意味がありません。レンズを買うために、カメラのランクを落としてしまっては元も子もありません。安くレンズが買えるので、たくさんのレンズを購入して、様々な写真を撮ることができます。

最後のごみ取り機能についてですが、様々なカメラを使ってきた人にしか分からない話です。ジェットダイスケ氏が言うには、OLYMPUSのカメラはごみ取り機能が秀逸とのこと。レンズ交換式カメラは、レンズを交換するときに、埃が入ってしまうことがあります。その状態で写真を撮ると、写真の中に小さいゴミが見えてしまいます。OLYMPUSのカメラは、カメラの中に入ったゴミを取り除くのが優秀なようです。

image image image image

彼らの言葉を信じて購入しましたが、想像以上に良い写真が撮れています。
毎日鞄に入れて持ち歩けるギリギリの重さで、驚くほど綺麗な写真が撮れるOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ。

思い切って良いカメラを買って大正解です。中途半端なカメラでは、良い写真は撮れません。写真を好きになりたい方は、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡの購入を検討してみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly