ちびファイ3があれば、スターバックスで複数台の端末をWi-Fiに接続できます

スポンサーリンク

家にいる時間より、スターバックスにいる時間の方が長いと自負しています。居心地も良く、美味しいラテが飲めるスターバックス。美味しいドリンクだけではなく、Wi-Fiに繋ぐことができたり、電源コンセントでスマホの充電まで出来ます。僕らの生活になくてはならない場所になっているスターバックス。そんなスターバックスから、たくさんのブログ記事を投稿していますが、ひとつだけ困っていることがあります。

スターバックスのWi-Fiは1台しか接続できないということです。

at_STARBUCKS_Wi2 というSSIDに接続してインターネットができるのは1台のみ。他の端末でWi-Fiに接続すると、今までインターネットをしていた端末で通信ができなくなります。

スマートフォン、タブレット、ノートパソコンと、常に3台ぐらいネットができる端末を持っている人も多いでしょう。どっぷりとWi-Fiを使おうと思っても、繋がったり繋がらなかったりイライラしてしまいます。

そんなときにオススメなのがこちら。ちびファイ3という無線LANルータです。

image

非常にコンパクトで、コンセント直挿しで使える無線LANルータ。
image

基本的には有線LANケーブルを差し込んで使う無線LANルータですが、先日のアップデートで、Wi-Fi接続を受信して、Wi-Fiの電波を飛ばすことができるようになりました。

文章で書くと、さっぱり意味が分かりませんので図を書きました。線で繋がなくても、Wi-Fiの電波を飛ばせるようになったのです。

これは何気に神アップデートです。コンセントにちびファイ3を差し込む必要はありますが、電源席さえ確保できれば、スターバックスで、複数台の端末をWi-Fi接続ができるようになります。

スタバのWi-Fiを受信して使う設定

  • ブラウザーから手入力で、192.168.111.1というアドレスを打ち込む
  • 設定画面が表示されたら、ネットワークを有線から無線にチェックマークを入れる
  • SSIDにat_STARBUCKS_Wi2と入力する
  • パスワードは空白
  • セキュリティもなしのまま
  • 更新するをタッチして、設定を終える
  • スターバックスに入ったら、電源コンセントにちびファイ3を差し込む
  • ちびファイ3が飛ばすSSIDを、スマホ、タブレット、ノートパソコンなどで選択する
  • SSIDを選択した端末のブラウザーで、何かWebページを読み込む
  • スターバックスのWi-Fiのログイン画面で、IDとパスワードを入力する

これで at_STARBUCKS_Wi2を受信して、複数台の端末をWi-Fi通信することが可能になります。

普通に使う分には申し分のない通信速度、5〜10Mbps程度は出ます。タブレットでyoutubeを見ながら、ノートパソコンで作業をしつつ、iPhoneで撮った写真をGoogleフォトにアップロードする。こういった効率的な使い方が可能になります。

こういったトラベルタイプの無線LANルータはたくさんありますが、Wi-Fiを受信して、Wi-Fiの電波を飛ばす機種は貴重です。これからは、スマートフォン2台持ちの方も増えてくるでしょう。全ての端末を簡単にWi-Fiに接続できる「ちびファイ3」。

鞄に入れておくと、きっと役に立つでしょう。

ちびファイ3製品情報ページ

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly