長期レビュー iPhone SE とってもいいけど、やっぱりiPhone6sのほうがいいと思います

スポンサーリンク

iPhone SEを購入してから、3ヶ月が経とうとしています。とくに感動もなく、とくに不満もなく、快適に使っています。4インチという手に収まるコンパクトさで、ベストiPhoneだとも言われるiPhone SE。

本当にiPhone SEがベストiPhoneなのでしょうか。

たしかにポケットに入るサイズは文句なし

iPhone SEを購入する人の多くが、ポケットに入るiPhoneが欲しいからでしょう。iPhone6から登場した5インチ以上のiPhoneでは、ズボンのポケットに入れると、先端がボコッと出てしまいます。収まりが悪くて、イラっとすることもあります。しかし、iPhone SEなら、スポッとズボンのポケットに収まります。手で持っているiPhoneが邪魔だったら、ズボンのポケットに入れるだけ。この手軽さがiPhone SEの良いところ。毎日使っていても、このサイズが正しいと思わせてくれます。

やっぱり大きい画面がいい

手にも収まるジャストサイズ。たしかにこのサイズがiPhoneだとは思いますし、毎日肌身離さず持っています。でも、僕がよく使っているスマホは、、、Galaxy S6 edgeです。いつもiPhone SEとGalaxy S6 edgeの2台を持っていますが、よく使うのは Galaxy S6 edgeなのです。

iPhone6s相当の性能になって、大幅に性能が向上した4インチのiPhone。性能的には何の不満もありません。何をするにしてもサクサク動いてくれるので、いつも快適に過ごすことができています。

処理性能にはまったく不満はありませんが、一つだけ不満なことがあります。

画面が小さいのです。

画面が小さいから、このサイズになっているワケですが、画面が大きいスマホがいっしょにあると、どうしても画面が大きいスマホを使ってしまいます。

何を見るにしても、画面が大きいほうが快適です。Webページを見るにしても、メールを見るにしても、写真を見るにしても。画面が大きいほうが、より伝わります。

写真では伝わりにくいのですが、画面が大きいGalaxy S6 edgeのほうが快適です。

iPhone SEを購入する多くの方は、これ1台しか購入しないでしょうから、あまり意味のない比較かもしれませんが、、、同じ性能と機能だったら、画面が大きいほうがいいでしょう。

文字が打ちにくい

4インチのiPhoneは手に収まるので、片手でも文字が打ちやすい。このサイズこそがiPhoneなんだ。そんな意見をたくさん見かけますが、そういったレビューをしている人は、実際にiPhone SEを購入してから使っていない人たちでしょう。ちょっとiPhone SEを使うと、片手で文字が打てるので、このサイズは文字が打ちやすいねとなるでしょう。僕も最初はそう思いましが、ずっと使っていてそうじゃないと気付きました。

非常に文字が打ちにくいのです。

片手で持ちやすいのは間違いありません。片手で持っても、指が端まで届きます。これなら文字が打ちやすいはずですが、、、ソフトウェアキーボードが表示されると、画面のほとんどが隠れてしまいます。ただでさえ画面が小さくて文字が見づらいのに、画面のほとんどが隠れてしまうせいで、より文字が見づらくなります。前後の文字がある程度見えないと、ささーっと文字を打てません。文字の表示領域が狭いせいで、結構文字が打ちにくいのです。

さらに、画面が小さい弊害があります。画面が小さいので、文字の修正が厳しい。iPhoneで文字を打ち間違えると、修正した箇所を長押しし、カーソルを修正させたい場所まで移動させなければいけません。iPhone SEの小さな画面ですと、この操作が厳しいのです。表示されている文字が小さいので、長押しをする場所を決めるのも大変ですし、その後にカーソルを止めるのも大変です。これが、Phone6sとiPhone6s Plusなら、3Dタッチ機能を使って、ソフトウェアキーボードをギュッと押し込むことで、ささーっとカーソルを移動することができます。

iPhone SEにこそ、この機能を搭載するべきです。もしiPhone SEに3Dタッチ機能が付いていたら、文字が打ちにくいことはなかったでしょう。

あとは、アプリによって、うまく文字が選択できないことがあります。とくにLINEで文字を修正しようとすると、押していない箇所まで文字が選択されてしまいます。何度やっても、自分の選択したい箇所にカーソルがいかず、イライラしてしまいます。原因は分かりませんが、画面が小さいiPhoneに最適化されていないのかもしれません。こういった現象が、他のアプリでも見られます。

片手で文字は打ちやすいけど、細かいところで打ちにくいのがiPhone SE。小さいから文字が打ちやすいと安易に捉えず、3Dタッチ機能があるiPhone6sも真剣に検討したほうがいいでしょう。

たいして安くない

iPhone SEを購入する多くの方は、docomo、au、SoftBankで契約するはずです。大手キャリアで契約すると、毎月の割引額で端末代で調整されるので、たいしてiPhone6sと変わらない値段になります。Apple Storeで現金一括で購入すれば、相当安くiPhoneを手にすることになりますが、大手キャリアで契約して、毎月の分割払いで購入すると、本体価格が安いメリットを享受できません。

2万以上高いiPhone6sを購入しても、毎月の支払額はほとんど同じです。だったら画面が大きくて、3Dタッチ機能が使えて文字も打ちやすいほうがいいと思いませんか?

同じぐらいの値段で、より使いやすいiPhoneが手に入ります。今一度冷静に考えましょう。

iPhone SEかiPhone6sかじっくりと考えましょう

iPhone SEとiPhone6sは、性能はほとんど同じです。画面サイズの違い、3Dタッチの有無。これぐらいしか違いはありませんが、この違いが結構大きいのです。どちらを購入するのがベストなのか、じっくりと考えてから購入しましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly