SHUREのイヤホンはやっぱりいいなと思った話。

スポンサーリンク

この前BOSEのイヤホンが良いという話をしましたが、やっぱりSHUREのイヤホンのほうがいいかなぁと思いました。いつも意見がコロコロ変わって申し訳なさすぎますが、久しぶりにSE215のSpecial Editionで音楽を聴いていたら、音の細やかさが圧倒的に上だと感じたのです。BOSEのパンチがある音も気持ちが良いのですが、じっくりと音楽を聴くには、SHUREのイヤホンだと感じました。

SHURE SE215 Special Editionが良い理由

  • 遮音性が高い
  • 耳にフィットする
  • 音の解像度が高い

これがSHURE SE215 Special Editionの良い点です。

遮音性が高い

SHUREのイヤホンの特徴は、遮音性の高さです。カナル型といったらSHUREというぐらい有名です。カナル型のイヤホンは、耳の奥に押し込むようにイヤーピースを押し込みます。まるで耳栓のように使うことで、外部の音をシャットダウンします。あまりに遮音性が高いので、歩きながら使うのはやめましょう。

耳にフィットする

SHURE掛けという言葉を、フィギュアスケートの羽生選手が流行らせました。耳の上にケーブルを通すことで、イヤホンのヘッド部分が固定されます。この掛け方ですと、ケーブルを背中の方に回すこともできます。そうすることで、自分の前からケーブルを消すことができます。

音の解像度が高い

久しぶりにSHURE SE215 Special Editionで音楽を聴いて感じたのは、音の解像度が高いことです。繊細な音から、ズンズンと響く低音まで。どの音も余すことなく、しっかりと再生してくれます。中音が篭っていると言われるSHUREのイヤホンですが、久しぶりに使ってみたら、ほとんど気になりませんでした。僕の耳が鈍感になったのか、イヤホンの音を出す部分がこなれてきて変わったのか。原因は分かりませんが、非常に繊細でとろけてしまう音を聞かせてくれます。

1万とちょっとで素晴らしい世界が

高級イヤホンやヘッドホンの市場は大きくなりましたが、なかなか1万以上のイヤホンに手を出すのは気が引けます。しかし、思い切って購入してみると、今まで体験したことのない世界を見せてくれます。家電量販店でイヤホンやヘッドホンが視聴できるようになっていますが、視聴したぐらいでは、どれが良いのか決めかねるでしょう。バクチ的な感じで思い切って購入しないと、高いイヤホンを購入するのは難しいと思います。どのイヤホンを購入していいか分からない方は、SHURE SE215 Special Editionを手にとってみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly