祝Kindle Paperwhite発売!ということで、iPad miniの電子書籍端末としてのポテンシャルを確かめてみる〜その1〜

スポンサーリンク

ついにKindle Paperwhiteが皆様の元に届き始めました。いよいよAmazonから電子書籍端末が発売されることで、ここ日本でも電子書籍の時代が本格到来すると思います(そうなって欲しい!)でも今日はKindle Paperwhiteじゃなくて、iPad miniでの電子書籍体験について再確認してみたいと思います。

Kindle Paperwhite – ライト内蔵の電子書籍リーダー
今注文しても、納期は年明け以降、、、

本日発売開始したのは、Kindle Paperwhiteという端末です。今時びっくりのモノクロの端末。でも納期が1ヶ月以上先になっています。何故そんなに人気があるのか?それは電子インクという特殊な方式を採用し、本を読むということに特化しているからです。

アマゾンの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteを速攻レビュー
詳しく解説してあります。

Kindle Paperwhiteは電子インクを使用しています。電子インクとは、電気を通すと白と黒が反転するインク。この特殊な方式により、普通の液晶ディスプレイより電池が長持ちし、目にも優しい仕様となっています。

反対に高機能のKindle Fire HDはまだ在庫に余裕があるようです。たぶんKindle Fire HDのような端末が欲しい方は、iPadを購入されている方が多いと思うので、あまり売れていないのではないかと推測できます。

Kindle Fire HD – 世界で最も売れている7インチタブレットの後継機種
まだ在庫に余裕があるようです。

本当は僕もKindle Paperwhiteが欲しかったのです。Amazonのサイトに行き、注文のボタンを押そうとした時に気付きました、、、納期が年明けになっている、、、そこまでは待てないので注文することをやめました。

そして、その代わりに購入したのが、、、

そう!iPad mini!!

今となっては結果オーライなのかもしれませんが、購入したのは、白黒ではなくカラーの端末、iPadが小さくなったiPad miniです。iPad miniは電子書籍に特化した端末ではありません。しかし、そのサイズと重量は、明らかに電子書籍での用途を見込んでいると思います。

というわけで、Kindle Paperwhiteのレビューではなく、iPad miniの、電子書籍端末としての使い勝手を検証してみたいと思います。

〜その2へ続く〜

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly