格安Androidスマホ、QCY QY8、格安SIMで十分な音楽ライフ

スポンサーリンク

毎日素敵な音楽をいつでもどこでも聞けてありがとうございます。音楽好きの人をからすると、夢のような時代を生きているといってもいいでしょう。データ通信さえできれば、大好きな音楽が聞き放題なのですから。

毎月980円を支払えば、定額制音楽配信サービスを利用できます。世界中のほとんどの音楽が、好きなだけ聞けるのです。世界中のすべてじゃないところが気になるところですが、ほとんどの曲は聞けるようになっています。サザンオールスターズとか、Mr.Childrenのような大きい事務所のミュージシャンは、よくわからない利権があるのでしょうか。一向に聞けそうになる気配がありません。ようやく聞けるようになったミュージシャンでも、特定の曲だけ聞けないということもあります。例えば佐野元春の約束の橋。久しぶりに聞きたいなぁと検索してみると、ライブで歌った約束の橋しか出てきません。約束の橋が収録されているアルバムの曲を見てみると、約束の橋だけ色が薄くなっており、何故か1曲だけ聞けないようになっています。

ソニー系のミュージシャンの楽曲も聞けるようになったとニュースになりましたが、特定のヒット曲だけ聞けないことには言及されていませんでした。色々と大人の事情があるのでしょう。

一部聞けない曲はありますが、980円でこれだけ聞けたら大満足です。定額制音楽配信サービスは、自分の知らない曲をたくさん教えてくれます。こんな素晴らしいサービスを使わない手はありません。

多くの方は、大手キャリアで契約したiPhoneに、ヘッドホンジャックにコードを挿して音楽を聞くのでしょう。勿論そのやり方でも問題はありませんが、ずーっと音楽を聞いていると、結構な通信量になってしまいます。ながら聞きができる音楽は、長時間聞くことになります。1曲のデータ量は少なくても、トータルでは結構な通信量になってしまいます。

音楽を目一杯楽しむ方法

格安Androidスマホ、QCY QY8、格安SIM。この3つがあれば、音楽を目一杯楽しむことができます。

格安と聞くと、安かろう悪かろうかと疑ってしまいますが、最近の格安は本当によくできています。こんな値段で売っていたら、世の中がおかしくなってしまうと心配になってしまうほど。それぐらい、最近の格安はよくできているのです。

格安Androidスマートフォン

格安スマートフォンもたくさんあり、どれを購入したらいいのか迷いますが、選ぶ目安になるのは性能です。

  • Android5.0以上
  • RAM2GB以上
  • ディスプレイ解像度1280×720以上
  • Micro SDカードをさせる

この4つが最低条件です。CPUも大事な要素のひとつですが、この4つをクリアーしているAndroidスマートフォンは、それなりのCPUを搭載しているので、性能的に不足はないでしょう。

QCY QY8

Bluetoothイヤホンも随分と安くなりました。安いのに音も良くて、言うことなしです。こんな値段で、こんなにいい音が聞けていいのかと思うのがこちら。

3,000円ほどで購入できるBluetoothイヤホンです。お値段にビックリしますが、音を聞いて2度びっくり。キンキンとした非常に綺麗な音を聞かせてくれます。

音が良いだけではなく、コードとヘッド部分以外に無駄な部分のない作り。音楽を聞かないときは、コードを首からぶら下げておきましょう。コンパクトな作りのため、首からぶら下げても邪魔になりません。

値段も安いので消耗品感覚で使うことができます。ひとつ購入しておくと、きっと大活躍してくれるはずです。

格安SIMカード

定額制音楽配信サービスを楽しむには、データ通信をしなければいけません。動画のように一度に多くのデータは必要ありませんが、長時間聞くことになる音楽は、トータルでデータ量が多くなります。

定額制音楽配信サービスこそ、格安SIMカードです。最高速度は期待できませんが、大容量を安く使えるのが格安SIMカードの良いところ。メインのスマホを持っているのなら、思い切って超低速のSIMカードを契約してみてください。何10Mbpsという速度が出なくても、まともに音楽を聴き続けることができることに驚くでしょう。



ヨドバシ.com – ワイヤレスゲート WirelessGate YD-480-micro [WIRELESS GATE WiFi+LTE 480円プラン 下り最大250kbps データ通信使い放題 ヨドバシカメラオリジナル microSIM]【無料配達】
ワイヤレスゲート WirelessGate YD-480-micro [WIRELESS GATE WiFi+LTE 480円プラン 下り最大250kbps データ通信使い放題 ヨドバ …
480円でWiFiも使える。

現在、上記2つのSIMカードを契約しています。OCNモバイルONEは500kbps、ヨドバシワイヤレスゲートは250kbpsしか通信速度が出ません。こんなに低速では曲を聴くことができるか心配になりますが、普通に聞けてしまいます。曲を再生する最初だけ待たされますが、あとは普通に問題なく使えます。

途中で曲を早送りすると、次の曲データを受信しきっていないため待たされることもありますが、プレイリストを一度再生してしまえば、次の曲のデータを先読みしてくれます。kbpsという低速でも、先読みでデータを読み込んでくれるおかげで、イライラせずに音楽を聴き続けることができます。

初期投資4万と毎月2,000円程度

結局いくらかかるのでしょうか。購入するスマートフォンにもよりますが、2万から3万ぐらいのスマートフォンで十分でしょう。

  • 格安スマホ:30,000円
  • QCY QY8:3,000円
  • 格安SIMカード初期契約費:3,000円

だいたいこれだけあれば、十分に定額制音楽配信サービスを楽しむことができます。あとは、毎月1,000円程度の通信費と、定額制音楽配信サービスの利用料980円を払うだけです。

SIMカード代を安くすることが、毎月の固定費を下げるポイントです。docomo、au、SoftBankといった大手キャリアじゃなくても、快適に定額制音楽配信サービスを楽しめます。高いスマートフォンじゃなくても、音楽を楽しむには十分にな性能を、最近の安いスマートフォンは持っています。

これぐらいの費用なら、メインのスマートフォンとは別に、持つ価値はあると思いませんか。毎月2,000円で好きなだけ世界中の音楽が聞けます。まだ利用したことがない方は、2台目のスマートフォンを購入して利用してみましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly