Movesがバージョンアップして勤務先や自宅を認識するように

スポンサーリンク

スマホに必須のアプリが人それぞれあるでしょう。僕の必須アプリはMovesです。

Moveとは、スマートフォンに搭載されているGPS機能を活かして、どこのお店にどれだけ滞在したかを記録してくれるアプリです。スマートフォンのセンサーをフル活用してログを取ってくれるので、歩いた時間、走った時間、自転車に乗っている時間、車や電車に乗っている時間まで記録してくれます。時間だけではなく、距離と歩数、カロリーまで記録しています。

一度インストールしてしまえば、難しい設定をすることなく、自動でログを取ってくれます。難しい操作が必要ないアプリこそ、必須になるアプリの条件かもしれません。

ログを取ったからといって、ほとんど見返したりすることはありませんが、昨日行ったあのお店どこだっけ?みたいなときに役に立ちます。

神アプリといってもいいMovesですが、この度アップデートされて、滞在時間が長い場所を、勤務先や会社として自動で認識してくれるようになりました。

スタバが勤務先に(笑)


スターバックスでパソコンをパチパチとやっている人も多いでしょう。2時間ぐらいは平気でいられるような方は、スターバックスが勤務先になっていると思います。移動せずに一箇所に長時間いると、会社だと思われるようです。

スターバックスを勤務先にしたくない方は、設定から変更しましょう。勤務先と認識されている場所が表示されているので、消していきます。本来の勤務先だけを残しましょう。

仕事を複数している方は、勤務先を複数設定しておけます。また、複数のスターバックスコーヒーを勤務先にしておくことで、どれだけスターバックスにいるかが分かります。

使い方次第で、自分なりの活用法ができあがります。

%で表示も

自宅や勤務先にどれだけいたか。24時間中何パーセントになるかまで分かります。

どれだけ職場にいるのが長いんだとか、通勤に占める時間が長すぎるということまで分かります。この機能を使って、自分の生き方を改善してみましょう。

必須の神アプリ

自動で場所や歩数を記録しているのに、バッテリーの消費が少ないのもMovesの素晴らしいところ。とりあえずスマートフォンに入れておけば役に立つでしょう。知らなかった方はチェックしてみてください。

Moves

販売元: ProtoGeo Oy

価格: 無料

generated by PressSync on 2016年9月3日


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly