やっぱりSONYはダメだと思った話

スポンサーリンク

iPhone7が発表された日、PlayStation4の新型も発表されました。PS4 ProとPS4 Slimが発売になりますが、それに関してのインタビューを読んでいて違和感を感じました。

【インタビュー】「プレイステーション 4 Pro」伊藤雅康SIE取締役副社長インタビュー – GAME Watch
――PS4 Proのグラフィックスを拝見して4Kももちろん大きいのですが、HDRの効果が大きいと思います。やはり対応ディスプレイがそろうのが一番かと思いますが、そういった点ではソニーさんと連携して進め …
相変わらず連携が取れていない。

SIE(ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント)副社長へのインタビューですが、この記事を読んで首を傾げざるを得ませんでした。

4KのUltra HD Blu-rayに対応しなかったことではなく、せっかく搭載した新機能を、SONYグループ全体で盛り上げていこうという動きがないということです。新しくPS4に搭載されるのは、HDRという技術です。HDRというのは、ハイダイナミックレンジを意味しています。映像に記録できる明るさ情報(輝度)のレンジを拡大する技術で、HDRに対応している映像は、今までに体験したことがないような色合いを感じられるようです。

まるでその場にいるかのような光を感じられるぐらい凄い映像のようです。そんな凄い技術に対応したのに、それを映すディスプレイの開発をしていないというのです。

――PS4 Proのグラフィックスを拝見して4Kももちろん大きいのですが、HDRの効果が大きいと思います。やはり対応ディスプレイがそろうのが一番かと思いますが、そういった点ではソニーさんと連携して進めていくということでしょうか?

伊藤氏:ソニー本社とコラボして広げていき効果を出すといったことは話していませんが、他のディスプレイメーカーも含めて業界全体で4K・HDRの方向に進んでいるということで、コンテンツの制作側として盛り上がるよういち早く対応したという感じです。

伊藤副社長は、ソニー本社とコラボして広げていくという話はしていないと明言しています。これは大問題じゃないでしょうか。昔からソニーは横の繋がりがなくて、事業間の連携が取れていないと言われています。ここ数年は、以前よりは他部門との連携がされてきているという雰囲気もありましたが、これぞといった製品はほとんど出ていません。スマートフォンのXperiaが、ワンソニーの結晶のようなことを平井社長がおっしゃていたように思いますが、このGAME Watchの記事を読んで、SONYは相変わらずSONYなんだと確信しました。

これではいつまで経っても驚くような製品は出てきません。事業間の連携が取れていれば、iPhone7 Plusなんかより凄いカメラを搭載したXperiaがとっくの昔に出ているでしょう。

好調なPS4の新型を発売するのに、SONYグループ全体のバックアップがないようでは、今後のSONYにも期待できないでしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly