雨の日はiPhone7で写真を撮ろう

スポンサーリンク

iPhone7が手放せません。何をするにしても快適そのもの。下手なノートパソコンより高性能なのですから。それだけでも嬉しいのに、今回のiPhoneは水に濡れても大丈夫という仕様。今までは使うのが億劫になってしまう場面でも、迷わずにiPhoneを取り出して使うことができます。

ここ1週間ほど不安定な天気が続いています。こんなときは、外でスマートフォンを使うのも控えがちになってしまいますが、iPhone7なら大丈夫。雨が降っていたって、何の問題もなくiPhoneを使うことができます。1300日以上連続で続けているランニングも、ここ数日は雨に打たれながらのランになりました。いつもなら少しでも早くランニングを終えようとするところですが、iPhone7を手に入れた今は違います。雨の中でしか撮れない写真を撮ろうという発想が出てきます。

雨の中ランニングをしながら、iPhone7で撮った写真を紹介します。

雨の水滴が綺麗

雨の日の写真の醍醐味は、水滴です。葉っぱに付いた水滴は、晴れの日では撮れません。

RAWでの撮影も可能

iPhone7はRAWで撮影も可能です。iOS10になったiPhone6s/6s Plus、iPhone SEでもRAWデータでの撮影が可能です。標準のカメラアプリでは、RAWデータでは撮れません。RAWデータでの撮影に対応している、Lightroomモバイルで撮影してから、RAWデータを編集しました。

雨でも楽しいiPhone

雨の中でも撮影できるようになったことで、iPhoneの使い方が変わってくるでしょう。iPhone7を手に入れたら、雨の中でも写真を撮ってみましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly