QCY QY8の改良版、QCY QY8MK-IIが発売。AAC対応でiPhoneでも高音質に。

スポンサーリンク

iPhone7を購入したので、良さげなBluetoothイヤホンがないか探していたところ、あのQCY QY8の上位モデルが発売されることを発見しました。

見た目はほとんど同じですが、中身が微妙にパワーアップしています。QY8から改良された点は、AACコーデックに対応したことです。

AACコーデックとは、Advanced Audio Codingの略で、音声圧縮方式のひとつです。このAACコーデックに対応することで、より高音質な音が聞けるようになります。こういった高音質な規格には、apt-Xという方式もあります。従来のQY8は、apt-Xには対応していますが、AACには対応していませんでした。多くのAndroidスマートフォンがapt-Xに対応していますが、iPhoneは対応していません。そのために、Androidスマートフォンで聞くと音がいいのに、iPhoneで音楽を聞くと、何か物足りなく感じることがありました。AACに対応していないために、音楽のデータを飛ばす帯域が少なくなり、結果的に音質が落ちてたのです。このAACにQY8が対応してくれることで、iPhoneでも高音質で音楽を楽しむことができるようになります。

iPhone7からイヤホンジャックが廃止され、Bluetoothイヤホンが脚光を浴びています。どれを購入したらいいか迷ってしまいますが、QY8の改良モデル、QCY QY8 MK-IIを購入しておけば間違い無いでしょう。

発売が少々先ですが、人気の商品のため、早めに発注したほうがいいでしょう。早速注文しましたので、商品が届き次第レビューします。

Androidスマートフォンを使っている方は、従来機種でも十分に高音質な音を楽しめます。
QY8にコンプライのイヤホンチップ500を装着して最強のBluetoothイヤホンに | しあわせITせいかつ
より音を良くしたい方はイヤーチップを交換。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly