Omaker ステレオミニプラグケーブル 3.5mmミニプラグをレビュー

スポンサーリンク

iPhone7からイヤホンジャックが無くなってしまいましたが、それ以外のスマートフォンには、まだまだイヤホンジャックは搭載されています。他のApple製品からもイヤホンジャックが無くなるかどうかは分かりませんが、世の中的にはイヤホンジャックが必要なのは間違いありません。

イヤホンジャックがスマートフォンにあると、車のオーディオなどに簡単に接続ができますし、自宅にあるオーディオ機器に接続して使うこともできます。何かと便利な端子部分ですし、接続方法も簡単。慣れた穴にケーブルを差し込むだけです。これだけでスマートフォンの音を、違うスピーカーから鳴らすことができます。スマートフォンのスピーカーでは物足りない音も、ステレオミニプラグを使えば、ノリノリに音楽を楽しむことができるでしょう。

今回購入したステレオミニプラグケーブル、「Omaker ステレオミニプラグケーブル 3.5mmミニプラグ 1m2本と2m1本の3本セット」を紹介します。

同梱されているもの

写真の通りです。ステレオミニプラグケーブルが3本入っています。この値段で3本もケーブルが入っている、非常にお得な商品です。

仕様

  • 1mのケーブルが2本、2mのケーブルが1本入っています。1mでは少々短いかなと思っても、2mのケーブルがありますので、もう少し長いケーブルを買っておけばよかったということもないでしょう。

  • 端子部分は24K金メッキになっています。信号の劣化や経年劣化にも強くなっています。

  • 高純度の99.996%OFC(無酸素銅)導体を使用し、一般的な銅導体ケーブルよりもより不純物が少ないため、音質が向上するようです。

3本もケーブルが入っているのに、高品質なケーブルになっています。

実際に使ってみて


ステレオミニプラグケーブルなんて何でもいっしょだろうと思っていましたが、音を聞いた瞬間に驚きました。いつも使っているステレオミニプラグケーブルより明らかに音が良いのです。気のせいかと思い、何度か音を聞き比べてみましたが、確かに音が違います。鳴っている音質もいいですし、いつもより音が広く聞こえます。ケーブルを変えただけで、こんなに音が変わるとは思っていませんでした。ケーブルで音が変わるというのは、嘘ではないようです。

ケーブル自体の作りもしっかりしています。この値段で買えるケーブルなので、端子部分のカバーはプラスチックですが、安っぽく見えないように作られています。

※他メーカーのステレオミニプラグケーブル

※Omakerのステレオミニプラグケーブル

さらにコードがグシャグシャにならないようなケーブルになっており、取り回し良く綺麗に配線をすることもできます。断線もしにくそうな作りになっていますので、長く使えるケーブルでしょう。

この値段で3本もケーブルが入っているのに高品質。非常に良い買い物ができました。

音も良くて3つもケーブルが

音質もいいですし、コード自体の作りもしっかりしているのに、3本もケーブルが手に入ります。ステレオミニプラグケーブルを探している方は、Omakerステレオミニプラグケーブルの購入を検討してみてください。3本もケーブルが要らなくても、いつか必要なときに役に立ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly