iPhoneでSuicaが使えるようになることに意味がある

スポンサーリンク

いよいよiPhoneで改札を通れる日がやってきます。日本に来日中のティムクックCEOが、東京の改札をiPhoneで通ったようです。

ティムクックCEOがテストに成功したことで、そう遠くないうちにサービスが開始されるでしょう。

すでにAndroidスマートフォンやガラケーでは使えた機能です。今さらという声もありますが、iPhoneで使えるようになることに意味があります。

日本人が圧倒的に大好きなiPhoneで、改札を通れるようになることに意味があるのです。ずっと前からAndroidスマートフォンでは使えますが、利用者は180万人程度しかいません。Androidスマートフォンを使っている人が少ない上に、Androidスマートフォンを使っていても、おサイフケータイの機能を使っていないという方がほとんどなのです。

電子マネーの利用者がいないのかというと、そうでもありません。かなり多くの人が、カード型の電子マネーを使っているのを見かけます。カード型の電子マネーを使っている人がAndroidスマートフォンを持っているのなら、Androidスマートフォンで電子マネーを使えばいいと思うのですが、とくにカードタイプで不満がないのでしょう。Androidスマートフォンに移し替えることなく、カードで電子マネーを使っている方ががほとんどじゃないでしょうか。

なぜ、Androidスマートフォンで電子マネーを使わないのでしょうか。

  • イマイチ分かりにくい
  • なんか不安

Androidスマートフォンを使い始めた頃から、おサイフケータイの機能を使っていますが、あまり分かりやすいとはいえない作りです。色んな電子マネーが使えすぎるせいで、イマイチよく分からない雰囲気があります。お金という信用性が大事なものですから、もう少しシンプルで分かりやすい作りにしたほうがいいでしょう。今のAndroidスマートフォンのアプリの作りでは、ユーザーが不安になります。

このあたりがiPhoneの電子マネーで改善されていれば、スマートフォンで決済することが普及するでしょう。

すでに公開されているiPhoneでSuicaが使えるようになる告知のPVがあります。このPVがある時点で、すでにAndroidスマートフォンに勝っているように思います。今までこういった分かりやすいPVはありませんでした。さすがAppleといったところです。

今さらiPhoneでSuicaが使えてもということではなく、iPhoneで使えるようになることに意味があります。iPhoneでSuicaが使えるようになれば、テレビや新聞も報道するでしょう。それだけで、かなりの宣伝効果があります。

iPhoneでSuicaが使えるようになることで、日本の生活が大きく変わるかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly