まだRunkeeperがApple Watch Series2のGPSに対応していない件

20161015103149.jpg
スポンサーリンク

Apple Watch Series2を毎日付けています。結構なお値段なので、あまりに人に勧めることはできませんが、個人的には満足度しています。

Apple Watch Series2に追加された機能のひとつとして、GPS機能があります。iPhoneがなくてもApple Watch Series2自体にGPSが搭載されているので、Apple Watch Series2だけで位置を計測することが可能です。

これでiPhoneがなくてもランニングができる!そう思ったのですが、、、僕が使っているRunkeeperというアプリは、まだApple Watch Series2のGPS機能に対応していないようです。

iPhoneを自宅に置いてApple Watch Series2のRunkeeperアプリを立ち上げて走ると、走った距離や時間は測定してくれますが、どこを走ったかは記録されませんでした。

ワークアウトアプリを使ってみた

Apple Watch Series2に入っている、「ワークアウト」というアプリを使えばいけるかもしれません。「ワークアウト」というアプリを使って走ってみると、どこを走ったか記録されていました。

このデータがiPhoneに転送されて、そのデータをRunkeeperが参照してくれれば、Apple Watch Series2だけで走った場所を残すことができると思ったのですが、、、

残念ながらRunkeeperは、「ワークアウト」で記録されたGPSのデータを参照してくれませんでした。
今の仕様だと、Apple Watchのアプリ自体がGPSに対応しないと、Apple Watch Series2だけで走った場所を記録することができないようです。

Runkeeperは世界で1番利用者の多いランニングアプリです。早期の対応を望みます。

Bluetoothイヤホンがあると、Apple Watch Series2だけで音楽を聞くことができるので便利です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly