9.7インチiPad Proを普通のiPadとして使ってみるのも悪くなかった

20161020032045.jpg
スポンサーリンク

いつもSmart Keyboardを付けて使っている9.7インチiPad Pro。純正のケースも付けているので、結構な重さになります。それでもなんとか片手で持てるかなというレベルなので、普通のiPadっぽい使い方もできます。それでも重いなぁと感じるときは、Smart Keyboardを外してしまえば、片手で十分に持てる重さになります。

こんな感じで9.7インチiPad Proの使っていますが、普通のiPad(iPad Air2など)のように、Smart Keyboardを付けることができないケースで使ってみました。



Amazonで売っていた安い透明のケースを装着し、片手で持った瞬間に驚きました。

9.7インチiPad Proってこんなに軽かったんだ。

これぐらい軽いと、電子書籍も積極的に読みたくなります。手で9.7インチiPad Proを持ってWebページを見るのもラクチン。とてもフットワークが軽くなり、Smart Keyboardを付け無いのもありだと思いました。

ソフトウェアキーボードで結構いける

Smart Keyboardが付いていませんので、画面に表示されるソフトウェアキーボードで文字を打つことになります。物理的なキーではないので、快適に文字が打てるとはいえませんが、結構な速さで文字を打っていくことができます。

この感じなら、ソフトウェアキーボードだけでも、十分にブログ記事は書けます。音声入力もうまく使い、大まかに音声で文章を作り、ソフトウェアキーボードで校正をします。

このやり方で文章を作れば、結構な長文も作れてしまいます。9.7インチiPad ProではなくiPhoneを使えば、散歩しながらiPhoneに音声入力をして文章を作り、クラウドで同期された文章データを、9.7インチiPad Proのソフトウェアキーボードで仕上げるという方法もあります。

Bluetoothキーボードを使う

物理的なキーじゃないとダメだという方は、Bluetoothキーボードを使いましょう。Smart Keyboardが使えますが、基本的にはソフトウェアキーボードで対応し、しっかりと文章を作るときだけBluetoothキーボードを使います。

iPad&iPhone 用 キーボード Bookey© Pocket(ブラック)・薄くて軽い 持ち運びに便利な折りたたみ式 Bluetoothワイヤレス ポータブルキーボード”]

このようなBluetoothキーボードなら、鞄に入れておいても邪魔になりません。ワイヤレス接続が故のイライラもありますが、Smart Keyboardに負けないレベルで文章を打つことができます。

普通のiPadとして使うのもアリ

9.7インチiPad Proを普通のiPadっぽく使ってみたら、とても快適でした。端末が軽くなることで、より自由に使えるようになりました。Smart Keyboardは無くなりますが、それを補える方法があることが、iPadの良いところ。

自分にあった9.7インチiPad Proの使い方を探してみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly