Apple Watch Series2で改札を通る方法

20161025085928.jpg
スポンサーリンク

ついに始まりました。日本でもApple Payが使えるようになりました。これからは、iPhoneで電子マネーが使えるようになります。日本のApple Payだけの特徴として、Suicaが使えるということがあります。Touch IDに指を載せて認証をしなくても、端末をリーダーにかざすだけで決済ができます。

Suica機能は、iPhone7/7 Plusだけではなく、Apple Watch Series2に搭載されているので、Apple Watch Series2を改札にかざすことで通過することができます。

どうやったらApple Watch Series2で改札を通れるようになるのか説明します。

iOS10.1にバージョンアップする

まずは、iOSをバージョンアップしましょう。iOS10.1以降にしないと、Apple Payを使うことができません。

  • 設定アプリ
  • 一般
  • ソフトウェアアップデート

上記のようにただっていくとOSのバージョンアップができます。

Suicaアプリをダウンロード

Suicaアプリをダウンロードしましょう。このアプリから、新しいSuicaを発行できます。

  • 右上のプラスマークから新しいSuicaを作る

  • Suica記名式を押して登録作業に入る

注意点としましては、iPhone7/7 Plusで使っているSuicaは使えません。新しくApple Watch Series2にSuicaを発行する形になります。iPhone7/7 Plusで使っているSuicaをApple Watch Series2に移行することはできますが、両方で同じカードを使うことはできません。iPhone7もある方は、iPhone7とApple Watch Series2で同じSuicaの残高を共有できないことに注意してください。

Apple Watch Series2のSuicaにチャージする

Suicaアプリから、Apple Watch Series2のSuicaにチャージします。

Suicaアプリは複数のSuicaを管理できるようになっています。モバイルSuica会員に登録してあるクレジットカードでチャージをするか、Apple Payに登録してあるクレジットカードで入金する仕組です。

SuicaアプリでApple Watch Series2にお金を入金すれば、Apple Watch Series2で改札を通ることができるようになります。

リーダーにかざすだけ

Apple Watch Series2で改札を通るのは簡単です。カードのSuicaを使うように、Apple Watch Series2をリーダーにかざすだけです。

上の動画のようにかざすだけです。Suicaに対応しているリーダーがあれば、バスにも乗車できます。

Apple Watch Series2のSuicaにチャージしておこう

もし財布を落としてしまっても、Apple Watch Series2のSuicaにお金をチャージしてあれば、そう困ることはないでしょう。電車にも乗れますし、コンビニや飲食店で支払いをすることもできます。

さぁApple Watch Series2で新しい生活を始めましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly