Suicaを使うか使わないかで、Apple Watchの価値が変わる

20161031074300.jpg
スポンサーリンク

Apple Watch Series2を購入して1ヶ月半ほど経ちました。購入して以来毎日つけていますが、10月25日に行われたバージョンアップによって、Suicaが使えるようになりました。ただSuicaが使えるようになっただけですが、Apple Watch Series2の価値が一気に上がりました。手首に付いている時計があれば、電車にも乗れるし、飲食店で食事をすることができます。

iPhoneをいちいち鞄やポケットから出さなくても、スイスイ〜と改札はも通れますし、食事をした後の支払いをするために、鞄をゴソゴソとやる必要もありません。この新次元のスムーズさは、おサイフケータイにもなかった体験です。

今さらiPhoneにおサイフケータイのような機能がついてもという論争がありますが、ウェアラブルデバイスにおサイフケータイのような機能が付くことは、我々の生活を変えるこのは間違いありません。いろんなお店でSuicaが使えるようになれば、ますますApple Watch Series2の利便性が高まるでしょう。

Apple Watch Series2を付けていないときに焦った

Apple Watch Series2で決済することに慣れてしまって、Apple Watch Series2を腕から外して外に出てしまったときに焦りました。レジで支払いをするときに、左腕をかざした瞬間にハッとしました。ちょっとコンビニにドリンクを買いにきただけなので、Apple Watchを付けずに外に出てしまったのです。背中に汗をかいた瞬間、iPhone7を手に持っていることに気付きました。iPhone7で支払うことで、事なきを得ました。

あまりに便利すぎるために、Apple Watch Series2をつけずに外に出てしまったときのためにも、iPhoneはiPhone7にしておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly