Apple WatchのSuicaはセキュリティロックを解除しないと使えません

20161113094911.jpg
スポンサーリンク

Apple WatchでSuicaを使うのが当たり前になってきました。最初は物珍しさだけで使っていましたが、ようやく生活に馴染んできました。最初はおそるおそる腕を出していましたが、今では自然と腕を出せるようになりました。

今日もいつものようにサッと腕をSuicaのリーダーに伸ばしたところ、Apple Watchが反応しません。Apple Watchをかざす位置が悪いのかと思い、位置を何度も変えてApple Watchをかざしても反応しません。

早くもApple Watchが壊れたのかと思いましたが、Apple WatchのSuicaが反応しないのには理由がありました。

セキュリティロックを解除しておく必要がある

Apple Watchを腕から外してから、再び腕に付けた後にApple Watchを操作するときは、必ずパスコードを入力してロックを解除する必要があります。数字を入力してApple Watchのロックを解除しないと、Apple Watchを操作することができません。

Suicaが使えないのは、このロックを解除していないことが原因でした。かざすだけで使えるのがSuicaのいいところですが、Apple WatchのSuicaは、ロックを解除ないと反応しないようになっています。

ここでいうロックとは、セキュリティロックのことです。スリープ状態になっているApple Watchの画面を点灯させておくことではありません。本人と確認が取れない状態では、Apple Watchは使えないようになっています。

Apple WatchはiPhoneより無くしやすいアイテムです。ちょっと腕が疲れたとき外しておいて、そのままApple Watchを忘れてしまうかもしれません。もし忘れてしまったApple Watchを誰かが入手しても、セキュリティロックを解除しないとSuicaを使うことができません。iPhoneのセキュリティもしっかりしていますが、Apple Watchも同じように高いセキュリティで守られています。

Apple WatchのSuicaが反応しなくて焦りましたが、Apple Watchの優秀さが分かる出来事でした。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly