Kindle Unlimitedを解約しました

20161125104636.jpg
スポンサーリンク

8月から始まったKindle Unlimited。すぐに契約しましたが、冷静に考えるとほとんど使っていないことに気付き、この度解約しました。

月額980円で本が読み放題というサービスですが、色々と制約もあるため、毎月980円を払う価値があるとは思えなくなりました。

Kindle Unlimitedを解約した理由を書きます。

Kindleのセール本が安すぎる

Kindle Unlimitedを解約した一番の理由は、Kindleのセールが安すぎるということです。半額で売られるのは当たり前で、1冊100円なんてこともあります。こんなに安いのなら買っておけという感じで、読むかどうか分からない本まで買ってしまいます。

セール本が安すぎて本を購入してしまうため、Kindle Unlimitedで無制限に本を読める必要性が薄れてしまっているのです。

10冊しかダウンロードできない

Kindle Unlimitedに対象となっている本を手当たり次第にダウンロードすることはできません。端末に入れておけるのは10冊までという制限があります。11冊目をダウンロードしようとすると、どれか1冊を削除する必要があります。

その都度ダウンロードすればいいと思っていましたが、削除する本を選択するのが結構面倒なのです。サービスの性質上、何でもかんでもダウンロードさせる訳にはいかないとは思いますが、もう少し制限を緩くしてくれると助かるのですが、、、

dマガジンが安い

Amazonの電子書籍になっているが、すべて読み放題というサービスではありません。Kindle Unlimitedの対象になっている本しか読み放題ではありません。手当たり次第に読んで削除するという使い方だと、雑誌を読むのに適しています。Kindle Unlimitedにはたくさんの雑誌が揃っていますが、雑誌を読み放題のサービスにはdマガジンというサービスがあります。

dマガジンは最新の雑誌しか読めず、古い雑誌を探して読むことはできません。反対にKindle Unlimitedは、最新の雑誌は無くて、古い雑誌ならある場合もあります。どちらが良いかは一概には言い難いところですが、10冊までしかダウンロードできないために、古い雑誌がたくさんあっても読みきれません。

サービス内容で比較すると、一長一短あるためにどちらが良いか判断が難しくなりますが、料金は圧倒的にdマガジンが安くなっています。

  • dマガジン 432円
  • Kindle Unlimited 980円

dマガジンは、Kindle Unlimitedの半額になります。Kindle Unlimited以上に雑誌の種類が豊富なので、雑誌を読むということだけで考えるのなら、dマガジンを契約したほうがいいでしょう。

今後のサービス内容次第では再度契約する可能性はあるが

ひとまず解約しましたが、今後のサービス内容次第では再度契約する可能性がないとはいえません。しかし、Kindleのセールが安すぎる上に、あらゆる本がセールで売られてしまっており、購入する本が増える一方です。まったく読むのが追いついていないため、Kindle Unlimitedを契約してまで本を読む必要がありません。

今後もKindleのセール本は無くならないでしょう。読み切れないほど本がある状況なので、別途月額契約をして、Kindle Unlimitedを利用することはないかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly