MediaPad T2 8 ProよりMediaPad T2 7.0 Proがいい理由

img_1548_fotor_fotor
スポンサーリンク

しれっとHUAWEIが8インチのタブレットを発売しています。 HUAWEI MediaPad T2 8 Proという製品名の8インチタブレットですが、今年の夏に購入された7インチタブレット、HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proとそっくりな名前です。8か7.0しか名前が違わないため、何が違うのか分かりにくいため説明します。

画面サイズが違う

名称の違いは7.0と8ですが、この数字は画面サイズを表しています。8と付いているので、画面サイズが8インチのタブレットです。画面が大きいほうがお得なような気がしますが、1インチ大きくなるだけで、随分とサイズが変わります。

  • HUAWEI MediaPad T2 8 Pro
    高さ209mm
    幅 123mm
    厚さ8.1mm

  • HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
    高さ187.4mm
    幅 105.8mm
    厚さ8.2mm

横幅が17mmほど違ってきます。7インチのMediaPad T2 7.0 Proのサイズで、楽に片手で持てるギリギリのサイズです。17mmも大きくなってしまうと、片手で持つのは厳しくなるでしょう。

さらに本体重量が90gも重くなります。300gを超えてくると、結構な重さになります。外に持ち出さず自宅で使う方は8インチでも問題はありませんが、外で使うことを考えている方は、HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proを購入した方がいいでしょう。

指紋認証がない

画面サイズの違いだけではありません。MediaPad T2 8 Proからは、指紋認証機能がなくなっています。パスコードを入力せずにスリープから復帰できる指紋認証機能は、その便利さに慣れてしまうと欠かせません。

無いよりはあった方がいい機能なのは間違いありません。

Wi-Fiモデルがある

MediaPad T2 8 ProはSIMカードを差すことができないWi-Fiモデルがあります。

  • SIMフリーモデル 24,624円(税込)
  • Wi-Fiモデル 19,224円円(税込)

価格差5,000円ほど。2万で8インチタブレットが手に入るのも捨てがたいものがありますが、どこでも通信をすることができるSIMフリーモデルを購入しておけば、後でSIMフリーを買っておけば良かったと後悔することもないでしょう。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 ProはWi-Fiモデルはありません。SIMカードを差すことができるSIMフリーモデルのみです。値段は2万3千円ぐらいになっており、緩やかに価格が下がっています。ほぼ底値と思われますので、購入したい方はそろそろ購入しておきましょう。

ほぼ同じ性能

そのほかの仕様は、ほとんど同じです。搭載されているCPUは同じですし、ストレージ容量、RAMの容量も同じです。MediaPad T2 8 Proの方がより新しいAndroid OS 6.0になっていますが、普通に使う分には大きな違いはないので、あまり問題にはならないでしょう。

7インチのほうがベストかと

MediaPad T2 8 Proの方が良い性能のCPUを搭載しているのなら、8インチを選択する可能性もありますが、同じCPUならサイズの好みで選択することになります。

大きい画面を片手で持って使いたい方は「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」を、ほとんど自宅でタブレットを使う方はWi-Fiモデルの「MediaPad T2 8 Pro」を選びましょう。

せっかくSIMフリーモデルを購入したのなら、定額でデータ通信ができるSIMカードを挿しておきましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly