スーパーマリオランクリアーして感じた、自由にマリオを動かせないもどかしさ

スポンサーリンク

2日でクリアーしてしまいました。一通り終えて感じたのは、ゲームのボリュームがやや少ないかなぁということです。コースは6-4まであるので、合計24面あることになります。

24面といったら結構なボリュームのように感じますが、スーパーマリオランは、基本的にマリオが勝手に右に走っていくゲームで、プレイヤーは画面をタッチしてジャンプさせるだけ。ただジャンプするだけでは単調なので、飽きさせない工夫はされていますが、自由にマリオを操作できないもどかしさがあります。

スーパーマリオランをクリアーした後に、スーパーマリオメーカーfor3DSをプレイしてみました。左の指で操作する十字キーで、自由にマリオを操作できます。

断然スーパーマリオメーカーfor3DSの方が楽しいのは間違いありません。

任天堂のゲームの肝は、キャラクターを自分の分身かのように操れるところです。表現の乏しい8bitのドット絵を操作するだけで体が動いていました。

これこそが任天堂ならではの操作感です。これがスーパーマリオメーカーにはないのです。コースの作りと絶妙な敵の配置のおかげで、思わず体が動いてしまう時もありますが、画面をタッチするだけの操作では、本当のスーパーマリオには敵いません。

iPhoneのスーパーマリオランで、スーパーマリオの楽しさに気づいて、任天堂のハードにユーザーが来てもらえればいいのですが、、、任天堂の思惑どうりにいくのかどうか。

ユーザーがどう判断するかで、任天堂の未来が変わって来そうです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly