予想通りdocomoのNOTTVが不調。巻き返すにはどうしたらいいのか?

スポンサーリンク

大方の予想通り、docomoのNOTTVが不調のようだ。

NOTTVの契約者数が70万件を突破。目標の初年度100万件には届かず -AV Watch
大方の予想通り

サービス開始前から失敗すると思っていましたが、やはり順調にうまくいっていないようです。

何故NOTTVがダメなのか

理由は色々ありますが、有料だからダメだという訳ではありません。有料に見合うだけの番組があれば、加入する方はたくさんいるはずです。

日本初スマホ向け放送局 NOTTV
なんとなく楽しそうな雰囲気は感じます。

公式ホームページを見てみると、何やら賑やかな感じで、ちょっと楽しそうな感じもします。

さらに、次世代のサービスらしく、端末にダウンロードしておける機能もあり、まさにdocomoの最新端末を活かした次世代のサービスになっています。

NOTTVとは|日本初スマホ向け放送局 NOTTV
端末にダウンロードしておけるのは、良いとは思うが、、、

じゃあ何がダメなのか。それは、NOTTVに対応した端末じゃないと見ることができないということ。この仕組みでは、新しい端末に切り替えていってもらわないと、いつまで経っても加入者が増えません。インターネットを通じてやる仕組みなら、アプリで対応できるんじゃないかと簡単に考えてしまいそうですが、このサービスはインターネット回線を使っておりません。

NOTTVは、公共の電波を使っています。2011年に地上アナログテレビ放送が停波した後に空いた、VHF Hiバンドの領域を使った、デジタル放送になっています。それ故、ストリーミングで放送する訳にもいかず、しっかりと公共の電波を使った、旧来型の放送形態を取らないといけない訳です。

今すぐにストリーミング放送もするべき

建前上、今の放送形態を変更するわけにはいきません。この状況では、いつまで経っても、NOTTVは良いほうにはいかないでしょう。こうなったら、スカパー!のオンデマンドサービスのように、基本は公共の電波を使った放送で、さらに付加サービスで、ストリーミングでも見られるようにするしかないように思います。こうすれば、パソコンやiPadからも見ることができるようになりますので、docomoの端末が売れなくてもNOTTVの加入者は増えていくでしょう。でも、docomoが望むのは、docomoの端末が売れることだと思うので、実現する可能性は低そうです。

現状では、NOTTVのストリーミング放送が実現する可能性は低そうですが、この方法を取ることで、今後のdocomoにもプラスになることがあります。それは、docomoがiPhoneを発売することになった場合です。Appleの方針では、NOTTVが受信できるように、docomoのiPhoneだけの仕様変更といったことは、99%ありえません。もしdocomoがiPhoneを発売することになったら、相当数のユーザーがiPhoneに機種変更するはずです。そうなった場合、ますますNOTTVは存在感が無くなっていきます。そうなりますと、サービス終了ということになりかねません。サービスを存続させるためにも、今のうちにアプリやブラウザーで見られるようにしておくべきだと思います。

まずないとは思いますが、ストリーミングでNOTTVが見られるようになった時は、docomoからiPhoneが発売される前兆と思ってもいいのかもしれません。

AQUOS PHONE SH-06D 完全ガイド (マイナビムック) (Android Fan)
AQUOS PHONE SH-06D 完全ガイド (マイナビムック) (Android Fan)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly