今朝の朝刊記事から。「無線LAN速度10倍、国際規格に NTTなど20社」

スポンサーリンク

今朝の日本経済新聞朝刊一面記事から。

「無線LAN速度10倍、国際規格に NTTなど20社」

 

携帯電話も現在の37~100メガ(メガは100万)ビット程度が1ギガビットに高まる予定。急増する通信量を携帯電話網ではなお収容しきれず、より高速な無線LANで補完する。

(日本経済新聞朝刊記事から引用)

NTTが関わるので、てっきり携帯電話系の通信技術関係かと思ったが、無線LANの飛ばす電波の通信速度をより早くする規格の策定のことのようだ。

家庭用の無線LANも、IEEE 802.11bからIEEE 802.11gやIEEE 802.11aという高速の規格になり、着実にスピードを上げてきた。最近主流のIEEE 802.11nでは、複数の電波を使うことで、最高600Mbpsの通信を行うことができる仕様。これだけスピードが出れば充分のような気もするが、実際に利用すると、30mbps程度しかスピードがでないので、意外に速度面の不満が出てくる。

速度より問題なのは、回線に規制が入ること

速度より問題なことがある。YouTube等の動画サイトを見ると、動画の再生が途中で止まってしまうことがよくあるのではないかと思う。これは通信速度が足りないから止まるんだと思う方が多いように思う。実際は、回線の負荷を減らすため、プロバイダーが速度に規制をかけて、わざわざ速度を落としているようだ。

こういうことをしないと、回線の不可が掛かりすぎるので、回線を安定させるために、速度規制をて、回線という道路の流れをよくしている訳だ。しかし、僕ら利用者としては、早いほうがいい。無線LANの速度が10倍になっても、動画サイトから動画を手元まで引っ張ってくる途中に規制をかけているのだから、出口をどれだけ早くしても意味がないように思うのだが、、、それとも出口を早くすると、途中の道の流れもよくなるのか。分かりやすい数字より、実際の使い勝手がよくなる、技術の進化を求めたい。

YouTubeで一つの動画を見ているときに、何回も再生ボタンを押すことがなくなるように成ることが、みんなの一番の願いのような気がする。

YouTube 1.3 (無料)

カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
現在の価格: 無料(サイズ: 10.4 MB)
販売元: Google, Inc. – Google, Inc.
リリース日: 2012/09/11

App +iPhone/iPadの両方に対応

現在のバージョンの評価: (551件の評価)
全てのバージョンの評価: (9,984件の評価)

ss1 ss2

by カエレバ

by カエレバ

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly