自動車が本当に自動車になる。日産が2020年までに自動で運転する自動車を発売へ。

スポンサーリンク

いよいよ本当の自動車が登場しそうです。日産は2020年までに、自動運転システムを搭載した自動車を発売すると発表しました。

日産 2020年までに自動で走行する車発売へ NHKニュース
いよいよ本当の自動車が登場する。

自動車って自動で運転しないのに、何で自動車というのでしょうか。たしかに、人間の力では不可能なぐらい一瞬で加速したり、軽くハンドルを操作するだけで、曲がったりできます。でも自動ではありません。自動の車が自動車というなら、自動で運転する車こそが、本当の自動車なのです。

やっと自動車が自動車になる日がやってきているのです。

ハイテク化すれば驚異のライバルが

自動運転システムを開発しているのは、日産や自動車会社だけではありません。あのGoogleも自動で運転する車を開発しています。Googleの自動運転システムは、情報を蓄積し、それを解析することで、自動運転システムを成り立たせています。この方式は、いかにもGoogleらしい方法です。

Googleのエリック・シュミットCEOは、こう言います。

「自動車は自動で走行すべきだ。自動車の方がコンピュータより先に発明されたのは間違いだった」

自動車が自動で運転しないのは間違いだ。最初から自動で運転するようにするべきだったと。自動車業界の人間が聞いたら、聞いた瞬間に起こってしまいそうですが、あまりに核心を突いているので、まったく反論できません。中途半端にスピードだけ自動で出るものだから、ドライバーを勘違いさせ、危険な運転を助長してしまいます。制限速度があるのに、何故必要以上にスピードが出るのでしょうか。自動で運転してくれれば、事故も減りますし、運転をするという意味のない時間もなくなります(運転自体が楽しいというのは、僕も分かりますが)。

車が自動で運転するようになれば、間違いなく生産性が上がります。車が自動で運転しないせいで、人類は非常に膨大な時間を捨てているのです。自動で運転する車が実現されれば、今まで捨てていた時間を使って、新しい未来が切り開けるはずです。

自動で運転する車の前にやってほしいこと

今回日産が発表した自動運転システムを搭載した車ですが、記事にこう書いてあります。

車には、道路標識などの情報を識別できるカメラが5か所に設置され、レーザーや超音波で周辺の障害物との距離を測る機器も搭載されています。

これこそが僕が求めていた車。もう今の段階で、道路標識を認識できるのなら、今すぐ発売するべき車があります。それは、道路標識を認識することで絶対に制限速度以上スピードが出ない車です。

道路標識をカメラで認識することで、絶対にスピードが出ない車が出れば、無駄にスピード違反で捕まることもなくなりますし、スピードが出ない車が普通になれば、暴走行為も減るでしょう。今の段階で、道路標識を認識できるのなら、道路標識を認識することで絶対に制限速度以上スピードが出ない車を発売してほしいと思います。

コンピュータの進化に比べ、車はあまり進化していません。ほとんど進化もしていないのに、何故いつまでも何百万と高いままなのだろうか。正直桁がひとつ多いんじゃないかと思います。その車も、技術の圧倒的な進化で、真の自動車になる日が近づいています。この度、2020年までに自動で運転する車を発売すると日産が発表したのは、色んな意味で良いことだと思います。色んな圧力に負けず、日産には頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly