落合氏がドラゴンズのGMになった今、落合GMが獲得する選手を予想します。

スポンサーリンク

ついに落合GM(ゼネラル・マネージャー)が正式に発表されました。

落合GM会見「この船は1度沈没した」 – プロ野球ニュース : nikkansports.com
落合節全開。

この公式に記者会見で、落合氏の所信表明を聞いて、改めて落合氏の本気度を感じました。中日ドラゴンズでのGM(ゼネラル・マネージャー)が、野球人落合としての、最後の大仕事になるでしょう。

落合氏の著者や、講演会での発言を聞けば聞くほど、優秀なビジネスマンとしてのセンスを感じていましたので、日本のプロ野球ではあまり成功していない、GM(ゼネラル・マネージャー)という仕事を、初めて大成功させると思います。

これから落合GMがどんな動きをしていくのか、日本中が非常に注目していますが、まずは来季のドラゴンズがどんな戦力で戦うのか。これに尽きます。すでに様々な選手の名前が上がっていますが、今日は個人的な推測で、落合氏が獲得する選手を予想したいと思います。

名選手→名監督→名GM?落合博満「究極の三冠王」なるか : コラム | J SPORTS
野球人としての集大成。

エース川上憲伸

まずはこの投手。ドラゴンズのエース川上憲伸です。先日ドラゴンズを自由契約になりました。本人は現役続行を希望しており、このオフシーズンに新しい球団を見つけることになります。タイガースが獲得という話もすでに出ておりますが、僕は再度ドラゴンズと契約をすると思います。川上憲伸が自由契約になったのは、まだ落合氏がGMに就任する前のこと。落合氏がGMとなった今、すべての人事権は、落合氏が握っています。落合氏が川上憲伸をどう見ているかによりますが、今シーズン復帰後の川上憲伸の登板を見ている限りは、来季も8勝前後の勝ち星を上げることができるでしょう。細かい勝ち星を積み上げる野球をする落合氏の考え方からいくと、8勝もできる投手は、貴重な戦力と考えるでしょう。何より川上憲伸は、長年エースとして培った経験があり、先発として1試合を作ることができる能力は、まだまだドラゴンズの中でもトップクラスでしょう。こういった点から、川上憲伸がドラゴンズと再契約をするのではないかと予想します。

英智コーチ兼選手

谷繁監督兼選手というのもかなりビックリしましたが、落合GMはそれだけでは終わりません。さらにコーチ兼任選手が誕生するのではないかと思います。その人物は、英智です。

年初の名古屋国際ホテルで行われている落合博満トークショーでも、なんで英智が辞めたんだと言っていました。まだまだ体も悪くないし、あれだけの守備ができる選手は他にいないと、落合氏が語っていました。たぶん球団の方からコーチ就任の打診があり、引退後の自分の人生のことを考えた時、引退してドラゴンズのコーチになるという選択をしたのでしょう。

まだ引退して1年。守備に限定すれば、現役復帰をしたとしても、まだまだ日本のプロ野球界トップクラスの守備ができるはずです。この素晴らしい守備を落合氏が生かさないわけがありません。守備限定ですし、コーチ兼任選手という形で、英智が帰ってくるはずです。試合終盤の守備固めで登場するであろう英智コーチ兼任選手の活躍を今から期待したいと思います。

ラミレスの獲得

落合氏はラミレスの打撃を非常に高く評価していました。今の日本のプロ野球界最強の右打者はラミレスだと落合氏は発言していました。そのラミレス選手は、先日ベイスターズを解雇されました。移籍をして現役を続行するということですが、指名打者のあるパ・リーグも獲得に消極的がという報道もあります。

ラミレスは来季はドラゴンズだと予想します。ラミレスの守備は度肝を抜くほどの下手さです。指名打者制度のあるパ・リーグに行くのが相応しいと思いますが、僕は落合GMが獲得に動くと予想します。代打ではなかなか結果の出ていないラミレス選手ですが、代打に専念させることで、1打席で勝負する選手への転身です。ラミレスほどの打撃技術を持った選手なら、代打としても華を開かせることができますし、パ・リーグ主催の交流戦では、指名打者制度になりますので、12試合ほどは、ラミレス選手が1試合フルに出場できる試合もあります。さらに日本シリーズに進出すれば、再び指名打者で試合に出ることができます。長いシーズンの中で、1試合フルに出場できる試合は少なくなりますが、細かい戦力を積み上げる落合氏なら、ラミレスを獲得に動くと予想します。

他にもビックリする選手獲得やコーチ招聘が

すでに巨人を退団することが濃厚な小笠原選手、谷繁の後任がいないキャッチャーの補強でヤクルトの相川選手、落合氏が高く評価する西武の涌井投手などの名前が上がっています。このあたりの予想は、誰でもできるところです。落合氏はマスコミの言っていることは全部間違っていると、GM就任会見で言っていました。この発言が何を指しているのかは分かりませんが、きっと選手補強のことも入っていると思います。

落合GM初仕事 達川氏をバッテリーコーチで招へい ― スポニチ Sponichi Annex 野球
早速サプライズ人事。

すでにオレ流人事は始まっているようです。あの元カープの達川氏をバッテリーコーチとして招聘するとのこと。これはちょっと予想していませんでした。達川氏がバッテリーコーチになるなら、もうひとつサプライズ人事で、桑田ピッチングコーチがあるんじゃないかと予想します。森繁和氏をヘッドコーチとして招聘するという噂ですが、谷繁選手兼任監督は、まだまだ選手としての比重も高くなるでしょう。そうなりますと、森繁和氏は現場の統括的な立場になってくるでしょう。落合監督時代に、投手コーチとして抜群の実績を出していますが、今回はもう少し監督よりな仕事になるとなれば、しっかりした投手コーチが必要になってきます。投手中心のドラゴンズには、しっかりした投手コーチが必要です。誰が適任かと考えた時、桑田真澄氏以外考えられないのではないでしょうか。

考えれば考える程、色んな選手やコーチの名前が出てきて話しが尽きません。これから新生ドラゴンズが、僕ら野球ファンを楽しませてくれるでしょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly