MacBookAirは13インチがいい!

スポンサーリンク

新型MacBook Airを購入しました。

アップル – ノートパソコン – MacBook Air – 毎日のための、究極のノートブック。

すべての人にオススメの最強ノートパソコン!

 

 

 

今まで11インチのMacBook Air(Mid 2011)を使っていましたが、これからはMacBook Air(Mid 2012)13インチが僕の相棒になります。

 

何故今回購入したかというと、1番の大きな理由は13インチにしたかったということです。11インチのコンパクトで持ち運びがしやすい部分も魅力的ではあるのですが、その分画面が狭い。そして液晶の解像度が、11インチと13インチではだいぶ差がある。特にAirの13インチは同じ13インチのMacBook Pro13インチモデルよりも液晶の解像度が高い。この液晶の解像度が高いというのがポイントで、同じ大きさの液晶でも解像度が高いと、画面に表示できる情報量が増えます。ノートパソコンという限られた画面の中で、作業スペースが大きくなるということにはとても大きな意味があります。

アップル – ノートパソコン – MacBook Air – 11インチモデルと13インチモデルを比較する。

1,440 x 900ピクセル …

新型MacBook Air 仕様

 

 

 

MacBook Air 11インチ 1,366 x 768ピクセル

MacBook Air 13インチ 1,440 x 900ピクセル

横74ピクセル、縦132ピクセル

この差が大きい!特に11インチは縦方向が狭いなぁと感じていたので、132ピクセルも広くなるのは大きい!!!

実際に使用していると、数字以上の差を感じます。この時点でも買った甲斐があります。

次のポイントはトラックパッドの大きさが違うということです。このトラックパッドですが、Windowsパソコンにはない、Macならではの最高の一品でございます。マウスがなくても、あらゆる操作が楽々できます。(PhotoshopやIllustratorはちょっときついですが、、、)これを味わってしまうと、もう他のパソコンは使えません。11インチのMacBook Airは本体のサイズ上しかたないのですが、若干トラックパッドが小さい。これが以外に大きな問題で、トラックパッドの縦の長さが足りないため、使っていて若干操作がしづらい時があります。しかし、13インチのトラックパッドなら問題ありません!ストレスなくトラックパッドで操作できます。

さらに気のせいか、13インチのほうがキーボードのタッチした感触がいいような気が、、、これはもしかしたら、2011年モデルと2012年モデルの違いかもしれません。ただ個人的には13インチのほうがボディーが大きいことにより、剛性感があるために、キータッチにも良い影響を与えているのではないかと思います。

さらにさらに、大きなポイントがもう一つ!それはバッテリー時間が11インチ5時間に対して、13インチは7時間!この2時間の差は大きい!!!実際の使用時間は7時間ではなく、5時間ぐらいです。11インチですと、3時間ぐらいです。公称値より2時間ぐらいマイナスという感じです。使用している感覚としては、11インチはドンドンバッテリーが減っていく感じですが、13インチはかなり余裕があるように感じます。これはプラス2時間の部分もありますが、新型になりCPUがより省電力のCPUに変わったというのも影響しているのではないかと思います。

[D] [速報] 新型MacBook Air 11inchパフォーマンスと発熱テスト – Drift Diary XV

発熱量も減っている!

 

ここまでいい点ばかり書いてきましたが、勿論13インチのデメリットもあります。

それは、まず本体のサイズが大きくなるということです。

11インチ

高さ:0.3~1.7 cm

幅:30 cm

奥行き:19.2 cm

重量:1.08 kg2

13インチ

高さ:0.3~1.7 cm

幅:32.5 cm

奥行き:22.7 cm

重量:1.35 kg2

11インチと13インチの差は

高さ:同じ

幅:2.5 cmプラス

奥行き:3.5 cm

重量:0.27 kg2

になります。

本体サイズは一回り大きくなる感じです。13インチになっても辛うじて鞄に入ります。

重さのほうが、プラス270g重くなります。毎日持ち運ぶものですと、270g重くなるということでも結構大事な点です。

なんとか13インチでもあまり重さを感じないように、毎日持ち運びたい!そこで、11インチを使用していた時と、変わらない感覚で持ち運べるようにしてみました。

物理的に重くなっている物を、どうやって軽くするんだって?!

その答えは、、、

MacBook Air 11インチは透明のカバーを付けて使用していました。傷を付けずに大事に使いたいために、カバーを付けました。そのおかげで傷が付くことなく、綺麗に使えました。しかし、、、この透明のカバーとはいっても、それなりの重さはあります。重さ約200g

ケースを付けると、軽いMacBook Air 11インチモデルも、若干重みを感じます。

しかし、元が軽いのでカバーを付けてもそれほど重さをかんじませんでした。

しかい、13インチのMacBook Airは重さでプラス270g、、、カバーを付けると、1.6kgになってしまう。さすがに1.6kgもになると、鞄がかなり重くなります。

ということで、13インチはカバーを付けるのをやめようと決めました!カバーを付けないことで、11インチを使用していたときと、ほぼ同じぐらいの重さになります。ほぼ同じぐらいの重さの感覚でありながら、13インチの画面サイズと、バッテリーの持ち時間アップを手に入れる事が出来るなんて!

勿論、裸のままで鞄に入れると傷だらけになってしまいますので、こちらのケースを購入しました。

 

なんとか11インチのMacBook Airを使用していた時と変わらない感覚でありながら、画面サイズはアップという大きな武器を手に入れました。

次は、新型MacBook Airを実際に使用していて感じたことを書きます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly