「Withings WS-50」で1ケ月体重を測り続けて分かったこと。

20140118205331.png
スポンサーリンク

「Withings WS-50」を購入して1ケ月経ちました。毎日体重を測り続けて分かったことがあります。前日の食生活で、体重が微妙に変動しているということです。当たり前といえば当たり前ですが、昔からあまり体重が変わらないため、今まで体重に無頓着で生きてきました。しかし「Withings WS-50」という、計測した体重データを瞬時にiPhoneに転送してくれるガジェットを手に入れたことで、微妙な体重の変化を見ることができるようになりました。

もしこれが普通の体重計でしたら、毎日計測しないでしょうし、せっかく計測しても、イチイチ記録はしていないと思います。ただ体重計に乗るだけで計測し、自動で計測したデータを転送してくれる「Withings WS-50」だからこそでしょう。

飲んだ次の日の体重は増加している

僕の体重は63kg前後。ご飯をたくさん食べなかった翌日の体重は、63kgを少し切っています。反対に飲みに行った次の日の体重は、やはり増加しています。だいたい63kgを超えていることがほとんどです。今まで体重を測っていなかったので、食生活と体重の関係を意識したことはありませんでしたが、毎日体重を測るようになってから、改めて食べるものの大事さを痛感するようになりました。

飲みに行くとアルコールで酔っ払うため、いつもよりたくさんお腹の中に食事が入ります。またお酒を飲むと、いつもより脂っこいものを食べたくなったりもします。酔っ払うことで、自分をコントロールできなくなりますので、やはり体重に影響が出ます。体重の変化を見ても、やはり飲み過ぎるのは良くないということが分かります。

20140118205331

飲みに行かなくても、暴飲暴食してしまうときがあります。休みの日などで一日家に居ると、いつもより時間を持て余すため、ついお菓子を食べてしまったりします。ポテトチップスを2つも食べてしまった翌日には、まさかの64kgオーバーを計測しました、、、お酒以上に、スナック菓子のほうが悪影響かもしれません。

食べるもので僕らの体は作られる

毎日走ったりして運動をすることも大事ですが、それ以上に食べるものが一番大事。自分の体の中に入れたもので、僕らの体は作られています。当たり前のことですが、とても大事なことを、毎日体重を計測することで認識することができました。昨年より毎日走ることを継続していますが、今年はそれにプラスして、自分の体に入れるものにも気を使い、より健康管理をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly