勝手にアプリがホーム画面から消えたのを機に、アプリを入れてもそのアプリを起動できない状態

スポンサーリンク

昨日、突然iPhone5sに入っているアプリが消えました。一つ入れたいアプリがあったため、アプリをダウンロードしていたら、App Storeの画面からそのまま「開く」を押しても開くことができませんでした。おかしいなぁと思ってホーム画面を見てみても、どこにもそのアプリがありません。そのアプリが無いだけなら、まだ良かったのですが、なんと今まで使っていたアプリも、いくつか消えているのです。

2014 01 31 07 28 04

アプリが消えてしまった原因はよく分かりませんが、また入れればいいと思い、App Storeから消えてしまったアプリを検索したら、またまたおかしなことに気付きました。

2014 01 31 16 37 14

「雲マーク」ではなく、「開く」になっているのです。再ダウンロードの表示ではないということは、iPhoneに入っている状態のはず。しかし、いくら探してもiPhoneの中に入っていないのです。これでは使いたいアプリが使えなくなってしまったので、非常に困りました。

さらに困ったことを発見しました。新しく違うアプリを入れようと思って、インストールのボタンを押すと、いちおうダウンロードが始まります。しかし、そのアプリを開くことができません。何度「開く」を押しても反応しません。

どうやら僕のiPhoneで起きている異常現象は、勝手にいくつかのアプリが消えたのを機に、アプリを入れても、そのアプリがホーム画面に表示されず、その表示されていない(iPhoneの中には入っている)アプリを起動することができないという現象です。

再起動をしてもダメ

こういったときにお決まりの再起動をしても、まったく変化がありませんでした。3度ほど再起動しましたが、何も変わりません。パソコンのiTunesに繋いでも、元に戻りません。

こうなったら、最後の手段しかありません。それは、バックアップからの復元。バックアップから復元すれば、そんなに手間はかかりませんが、以前、バックアップから復元しても、イマイチ調子が良くありませんでした。そういったこともあり少々手間はかかりますが、初期化してゼロからiPhone5sを構築しなそうと思います。

その他の容量が7GBぐらいあり、ちょうど初期化しようと思っていたところなので、いい機会だと思って、ゼロから設定していきます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly