はじめてのARROWSライフ。Vol.1 ARROWSとは?

ARROWS S EM01F
スポンサーリンク

ここ2週間ほど、イーモバイルのARROWS S EM01Fというスマートフォンをメインで使っています。このEM01Fというのは、イーモバイルから発売されている、富士通製のAndroidスマートフォンです。実はSoftBankからも同じモデルが発売されており、そちらの型番は、ARROWS A 201Fになります。EM01Fは、イーモバイルから発売されていますが、実際に使う回線はSoftBankの回線になります。契約もSoftBank扱いとなるので、毎月の料金を確認するのが、My SoftBankからになります。イーモバイルで契約しているのに、SoftBank扱いという(SoftBankの毎月の契約者数を増やすために使われていると思われます)、少々おかしな状況になっています。しかし、そのおかげでビックリするぐらい格安で、不快感の少ないスマートフォンを手に入れることができます。

皆さんが比較する機種といえば、やはりiPhoneでしょう。iPhoneと較べてどうなのか?これこそが、今のスマートフォンを購入する判断基準になっています。2年前ぐらいまでは、Androidスマートフォンの完成度が明らかにiPhoneに届いていませんでした。Androidのスマートフォンで苦い思いをした方も多いでしょう。しかも、ARROWSの初期モデルは数々の伝説を作っており、スマートフォンに詳しい方の間では、あまり良い印象がないスマートフォンです。正直僕もARROWS S EM01Fに期待をしていませんでした。ところが実際に使ってみると、思ったより悪くない、いやかなり良いスマートフォンだと思いました。かなり満足度が高いスマートフォンで、月額2,515円で持つことができるスマートフォンは、なかなかありません。ある意味、iPhoneより自信を持ってオススメできるスマートフォンです。

Resize 2014 03 13 19 14 48

iPhoneばかりで少々退屈な状況になってきた、日本のスマートフォン状況に喝を入れたい。そんな思いを込めて、「はじめてのARROWSライフ」という連載をします。是非一人でも多くの方がARROWSの魅力に気付き、願わくばARROWSユーザーが増えることを期待したいと思います。

ARROWSって何

第1回は、「ARROWSとは?」というところから始めます。ARROWSは、富士通が発売しているAndroid OSを搭載したスマートフォンです。当初はdocomoからしか発売されておりませんでしたが、今はSoftBankやau、さらにはイーモバイルからも発売されています。すべてのキャリアから発売されているという、ある意味でiPhone以上にメジャーな機種です。iPhoneを扱っていなかった頃のdocomoを支えていた日本のスマートフォン。数々の日本メーカーがスマートフォンから撤退する中、今でも日本スマートフォンの柱として君臨しているのが富士通のARROWSです。

しかし、心許ないdocomoのラインナップを支えるには程遠い端末の完成度で、一気にdocomoユーザーの信頼を損ないました。その当時の日本のスマートフォンの完成度は総じて低く、iPhoneでは考えられないようなユーザー体験をした方は、GALAXYなどのスマートフォンに機種変更するか、他のキャリア(SoftBankかau)へのりかえることで、iPhoneに変えた方が多かったでしょう。

しかし、僕が使っているARROWS S EM01F(SoftBankのARROWS A 201Fと同モデル)は、数々のスマートフォン、タブレットを使ってきた僕でも、あまり不満がありません。このレベルのスマートフォンなら、日常の使用において、問題になることはないでしょう。ARROWS S EM01Fが発売されたのは2013年夏ですが、同じモデルのARROWS A 201Fが発売されたのは2013年春です。僕が今使っているARROWSは、1年前のスマートフォンということになります。1年前のスマートフォンでこの完成度なら、それ以降に発売されたARROWSは、かなり端末の完成度が高いと推測できます。しかし、いきなり知らない端末を契約するのも少々敷居が高いでしょう。だからこそ、少々型遅れになりますが、新規契約で端末が一括0円、月額2,515円で使うことができるARROWS S EM01Fを強く勧めます。iPhoneをお持ちの方も、ARROWS S EM01Fを
サブ端末として使ってみるのはどうでしょうか。今の料金に月額プラス2,515円です。そんなに家系の負担にもならならいと思います。もしARROWS S EM01Fが気に入らなかったときは、ARROWS S EM01Fをテザリング専用端末にし、モバイルWi-Fiルーターとして使ってしまえば問題ありません。月5GBまで(イーモバイルは7GBではありません)SoftBankの回線網を使った高速通信ができます。月額2,515円で契約できるモバイルWi-Fiルータなら、悪くない選択肢じゃないでしょうか。

モバイルWi-Fiルーターにするには勿体無い完成度のスマートフォン

僕もARROWS S EM01Fを、モバイルWi-Fiルータ専用にするつもりでした。しかし、端末の完成度が思いの外高かったため、これはメインのスマートフォンとして使おうと考えを改めました。僕を完成度の高い端末だと思わせたのは何か、それを次回以降の連載で語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly