GW中に必須のアプリ「Google Maps」

2014-05-04_17_43_49.png
スポンサーリンク

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。賑やかな街を1人スーツ姿で歩いていると、楽しそうな人々がたくさん目に入ってきます。驚くほどホリデースタイルな人たちを見ると、ああーゴールデンウィークだったんだと思わされます。

どこも人、人、人ですが、お車で移動中の方にオススメのアプリがあります。それは「Google Maps」です。あまりに有名すぎて、オススメするまでもないという声が聞こえてきそうですが、この渋滞でイライラする今だからこそ、使ってほしいアプリです。おそらく世界で一番有名なアプリだと思いますが、意外にみなさんが知らない機能があります。

リアルタイムで渋滞状況がわかる

長期休暇中で一番イライラすることは、渋滞でしょう。みんな前に進んでいるのに、何故渋滞が起きるのだろうかと思いますが、起きている渋滞を予め知ることができれば、そのイライラも少しは緩和されるように思います。車のラジオを付ければ、渋滞情報を聞くことができますが、正直よく分かりません。路線の名前や、上りだ下りだと言われても、いったいどこのことを言っているのか分かりません。や使い慣れたスマートフォンの画面に表示されるのなら、それが一番でしょう。しかも、世界で一番の地図、「Google Maps」で渋滞状況を見ることができるのです。

使い方は以下のとおりです。

1.

2014 05 04 17 43 49

2.

2014 05 04 17 44 11

3.

2014 05 04 17 44 37

どうやってGoogle Mapsは渋滞状況を取得しているのでしょうか。その仕組は、スマートフォンでGoogle Mapsを使っているユーザーのデータを使っています。スマートフォンに入っているGoogle Mapsで、MyLocation機能をオンにしていると、そのスマートフォンを使っているユーザーが、どれぐらいのスピードで動いているかが送信されています。同じ場所にいる他ユーザーのデータが集まることで、その場所が渋滞状況を表示しています。

まさしく世界で一番使われているアプリだからこそできる機能です。利用者が少ないアプリだったら、こんなデータの利用方法は思いつかないでしょう。もし思いついたとしても、Googleの技術だからできたとも言えます。

目で確認できる安心感

ラジオの渋滞状況も役に立ちますが、やはり目で分かる安心感は何ものにも代えがたいものがあります。くれぐれも運転中に使うことはないよう、助手席にいる方が見るか、サービスエリアなどでの休憩中に見るようにしましょう。

交通状況を表示する – モバイル Google マップ ヘルプ
圧倒的な利用者数が生み出す情報。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly