キーボードほど最高のモノを作るのが難しい商品ってない気がする

スポンサーリンク

ここ2年ほどキーボードばかり気にして生きています。キーボードって、かなり古くからあるデバイスなのに、なかなかコレ!!という商品に出会えません。¥20,000をオーバーするような高級キーボードもあれば、1,000円を切るようなノーブランドのキーボードもあります。値段が高いからといって、一概に打ち心地が良いとは言えません。概ね高いキーボードのほうが、値の張るバーツを使っているため、打ち心地が良い傾向ですが、意外に安いキーボードでも、とても打ち心地が良いものもあります。キーボードの打鍵感とは、感覚的なものです。人によって感じ方が違いますし、数値化するのも難しいため、何を購入するのが良いのかとても分かりにくい商品じゃないでしょうか。

image

まずは1つ購入してみる

ほとんどの方は、PCを購入したときに付いているキーボードを使っていると思います。とくに最近は、デスクトップPCは市場から姿を消し、ノートPCばかりといった状況。ノートPCは、液晶とキーボードが一体になっているため、わざわざキーボードを購入する必要がありません。ですが、わざわざキーボードを購入しても、ちゃんと使うことができます。

ノートPCと USB接続で繋ぐと、最初から付いているキーボードでも文字を打てる上に、わざわざUSB接続したキーボードでも文字を打つことが出来ます。

ノートPCは本体が薄いため、キーボードの打鍵感はどうしても悪くなります。打鍵感が良いキーボードに変えれば、いつもよりたくさん文字を打つことができるようになります。この際、自分にあったキーボードを購入して、より効率的な環境を構築してみましょう。

方式の違い

キーボードの打鍵感を大きく分けるのは、「メカニカル」「パンダグラフ」「メンブレン」「静電容量無接点」というような、キーの方式の違いが、かなり大きく左右します。こちらの記事に、詳しく書いてありますので、参考にしてください。

意外にパンダグラフ方式がいい

高級キーボードといえば、「静電容量無接点」か「メカニカル」といったキーボードになります。しかし、この2つのキーボードは、どれも1万オーバーの商品ばかり。相当なパソコンマニア以外には勧めにくいキーボードです。

もう少し価格的にこなれたキーボードで打ちやすいキーボードは「パンダグラフ」方式のキーボードです。打鍵感は個人差がありますので、僕が良いと思うのが、一概に良いとは限りませんが、人よりはたくさんキーボードを購入してきましたので、キーボードの良し悪しを判断できると自負しています。

そんな僕が勧めるのが、「TK-FCP026BK」というELECOMから発売されているキーボードです。

ELECOM キーボード USB接続 パンタグラフ式 86キー Wii/プレステ3対応 ブラック TK-FCP026BK

パッと見ると、普通のキーボードです。キーを叩くと、比較的カチャカチャと音がします。やや静粛性は劣りますが、値段のわりには、打ちやすいキーボードです。キーボードの重さも485gとまずまずの軽さ。持った感じでは、もっと軽いように感じます。

キーボードの重量も軽めということもあり、比較的安っぽい打ち心地ですが、使ってみると意外に快適な打ち心地。値段も安いですし、壊してもいいという感覚で外に持ち出し、Androidスマートフォンに繋げて使っています。

スマートフォンの中では、 Androidの文字入力が 一番PCに近い感覚で使えます。スマートフォンやタブレットで文字を打ちたい方に、Androidと 「TK-FCP026BK」の組み合わせを勧めたいと思います。

スマホにUSB機器を複数接続!スマートフォン対応 ポケットOTG USBハブ 

AndroidスマートフォンとUSBキーボードを繋ぐために、micro USBのハブを持っておきましょう。このハブが4つもUSB機器が挿せるのでオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Switchが購入できるかも

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly