レビュー「ASUS Eeebook X205TA」~ハードウェア編~

Exif_JPEG_PICTURE
スポンサーリンク

「ASUS Eeebook X205TA」の第一印象は、昨日書いた通りです。とにかく軽くて使い勝手が良いノートPCです。

本日は「ASUS Eeebook X205TA」の本体の質感などを含めた作り、ハードウェアについて書きたいと思います。

思ったより質感はいい

「ASUS Eeebook X205TA」は約3万という価格が故、それなりの質感です。Macbook Airと比べたら、当然明らかに質感は劣ります。ただし、3万円という値段を考えると、なかなかの質感です。本体自体は、プラスチックで作られていますが、安っぽい感じではなく、結構カッチリとしています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

「ASUS Eeebook X205TA」の蓋を閉めるとき、カチッとしっかりと閉まります。こういった細かい部分もしっかりと作られているので、全体的に剛性感のある本体になっています。本体の塗装もしっかりとされており、とても3万のノートPCには見えません。天面の「ASUS」というシルバーのロゴも映えます。

Exif_JPEG_PICTURE

カチカチというけど悪くないキーボード

「ASUS Eeebook X205TA」の購入を検討している方が一番気になっているのは、キーボードの打鍵感じゃないでしょうか。タブレットというものがある今、わざわざ軽いノートPCが欲しいという方は、キーボードがあるからこそ、ノートPCを選ぶのでしょう。できることなら、ノートPCに付いているキーボードの打ち心地が良ければ言うことはありません。

どうしても軽いノートPCのキーボードの打ち心地は悪くなります。軽いということはそれだけ薄くて、ノートPC自体の重みがないということですから、物理的なボタンを押した感触を良くすることは相反するものがあります。

そういった理由により、1万以上する高級キーボードのような打ち心地は当然ありません。「ASUS Eeebook X205TA」のキーボードの打鍵感は、いわゆるノートPC的な打ち心地になります。

では、ノートPC的な打ち心地の中で、「ASUS Eeebook X205TA」はどのぐらいの打ち心地なのか。ここが一番大事なポイントです。最高の打鍵感はないかもしれないが、必要最低限の打ち心地さえあれば問題ないという方は多いでしょう。僕が感じた限りでは、Macbook Airよりは劣るけど、悪くはない打鍵感です。わりとパチパチと安っぽい音はしますが、打ちにくい感じはしません。思った以上に快適に文字を打つことができます。タブレットにBluetoothで接続しているキーボードとは違い、ノートPCのキーボードですから、しっかりと直付されているため、「ああああああああああああああ」と突然同じ文字を連続で入力するようなこともありません。

3万のノートPCのキーボードということを考えれば、「ASUS Eeebook X205TA」のキーボードは、充分合格点を挙げてもいいと思います。個人的には、VAIO Pro11のキーボードよりは、「ASUS Eeebook X205TA」のキーボードのほうが打ちやすいと感じます。VAIO Pro11は、キーボードを叩いた時の感触が固いため、だんだん文字を打っているのが辛くなってきます。しかし「ASUS Eeebook X205TA」は、比較的下までボタンが沈むため、ノートPCのわりには、まずまず打ちやすいキーボードになっていると思います。

DSC03875

ただ一点だけ違和感を感じる点があります。それは、キーの縦の長さが若干短いため、慣れるまで、キーの打ち間違いをする可能性があるということです。これはコンパクトな本体だからということもあると思います。限られたスペースに、フルサイズのキーボードと、大きめのトラックパッドがあるため、キーの縦の長さがやや短くなってしまったのでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

※「ASUS Eeebook X205TA」のキーボードアップ写真

Exif_JPEG_PICTURE※13インチMabook Pro Retinaディスプレイモデルのキーボードアップ写真

「ASUS Eeebook X205TA」を使い始めてから、2、3時間は違和感を感じましたが、気が付くと慣れていました。しばらく「ASUS Eeebook X205TA」使っていれば、問題なくブラインドタッチで高速タイピングをすることができるでしょう。

PS:キーボードバックライトは付いていませんのであしからず。

トラックパッドも悪くない

次にチェックするのは、トラックパッドです。Macbookが今のトレンドを作った、ノートPCのトラックパッド。あまりにMacのトラックパッドの完成度が高いため、Windowsのトラックパッドは、Macのトラックパッドと比べると、操作感はかなり劣ります。これは、ハードウェアの問題というよりは、OS自体の問題だと思います。Windowsの様々なノートPCのトラックパッドを触っていますが、どれも操作感が硬く感じます。Macのような滑らかな感じは、Windows PCにはありません。

そういったことを踏まえたうえで、Windowsというトラックパッドとして、「ASUS Eeebook X205TA」のトラックパッドを評価したらどうでしょうか。Macのトラックパッドと比べると勿論操作感は劣りますが、Windowsのトラックパッドとしてはかなり優秀なトラックパッドです。まずまず大き目なトラックパッドに、しっかりと反応するトラックパッドになっています。しかも嬉しいことに、真ん中に線があり、2ボタントラックパッドのようになっていますが、線より上の部分を押しこんでも、Macのトラックパッドのように反応してくれます。さらに嬉しいのは、ボタンを押すのではなく、タップしただけでも反応するように設定を変更できます。

ASUS-トラックパッド設定画面

「ASUS Smart Gesture」というトラックパッドソフトが入っており、そのソフトの設定を変更することで、Macのトラックパッドのような操作方法に変更することができます。Webブラウザーでネットをしているとき、トラックパッドでページのスクロールをすると思います。その時のスクロール操作が、MacとWindowsでは逆になっています。Macですと、2本指を下から上に持っていくと、画面が下にスクロールしていきます。Windowsは、2本指を上からしたに持っていくと、画面が下にスクロールしていきます。どっぷりとMacを使っている人は、ここでかなり違和感を感じます。しかし、。「ASUS Smart Gesture」の設定を変更することで、Macと同じような設定にすることができます。この。「ASUS Smart Gesture」の設定画面自体が、かなりMacのトラックパッドの設定画面とそっくりです。丸々パクっていると言えば、パクっているのでしょうが、多くのMacbook Airユーザーからすると、これは嬉しいことでしょう。ただし、ひとつだけ操作が逆にならないものがあります。Webページの戻ると進むです。「ASUS Eeebook X205TA」は3本指で戻ると進むの操作をすることができますが(Macは2本指)、左にスワイプで戻る、右にスワイプで進む。残念ながらこれだけは逆になりません。

入出力関係

本日最後にチェックする箇所は、「ASUS Eeebook X205TA」の入出力関係です。USBがいくつ挿すことがるのかとか、そういったことです。

Exif_JPEG_PICTURE

本体左側面には、「充電端子」「micro SDカードスロット」「HDMI端子」「ヘッドフォン端子」があります。どういった機能か説明するまでもなく、書いたままの機能です。「充電端子」はやや特殊な形状になっています。パッと見たところmicro USB端子に見えますが、micro USB端子ではありません。充電専用端子です。micro USB端子だったら、ひとつ荷物を減らすことができたのですが、、、充電ケーブル自体は軽くてコンパクトになっていますが、コンセントへの差込み部分が折れない仕様になっています。ここの部分が出っ張っているため、せっかくのコンパクトさが台無しになっているように思います。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

「micro USB SDカードスロット」は、micro SDカードを挿すことができます。「ASUS Eeebook X205TA」は、本体のストレージ容量が32GBしかありません。実際に使える容量は16GB程度しかありませんから、「micro SDカードスロット」を上手に使う必要があります。「HDMI端子」は、外部ディスプレイに接続するときに使います。「ヘッドフォン端子」は、ヘッドフォンを挿して音楽を聴いたりするときに使います。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

この中で一番重要な「micro SDカードスロット」は、押し込んで入れるタイプで、再度押し込むと、跳ね返って出てくるタイプになっています。SDカード(micro SDカードよりかなりおおきいSDカードのこと)を挿せるノートPCは、だいたいカードが半分は本体からはみ出してしまいますが、micro SDカードスロットは、ピッタリと中に入るタイプがほとんどです。「ASUS Eeebook X205TA」のmicro SDカードスロットも、ピッタリとmicro SDカードが中に入るタイプですから、micro SDカードスロットにのmicro SDカードを差し込んだまま鞄にしまうことができます。

Exif_JPEG_PICTURE

本体右側面には、usb2.0端子が2つあります。USB3.0じゃないので、やや残念な感じもしますが、普通に使う分には問題ないでしょう。右側にありますので、マウスを繋ぐのに適した配置です。勿論スマートフォンを繋いで、データの同期や転送をしたり、充電をすることもできます。

x205sスピーカ-文字入り

スピーカーは底面の手前側に2つあります。立派なステレオスピーカ仕様です。ノートPCのスピーカーというものは、スペース的な問題で、あまり音はよくありません。「ASUS Eeebook X205TA」も決して良い音とは言えませんが、思った以上に大きな音を出すことができます。ここまでの音量を出すことができれば、ノートPCのスピーカーとしては充分でしょう。

3万のノートPCとしては充分すぎる完成度

本日は、「ASUS Eeebook X205TA」のハードウェア面を見てきました。10万以上するノートPCと比べれば、確かに質感的に劣る部分はあります。ただし、3万のノートPCで、1kgを切るノートPCとしての完成度は抜群です。

キーボードの打鍵感も悪くないですし、トラックパッドもよくできています。micro SDカードスロットもありますし、USB端子も2つ付いています。スピーカーだって、かなり大きな音を出すことができます。タブレットを購入するより、間違いなく「ASUS Eeebook X205TA」を購入したほうがいいでしょう。軽いノートPCが欲しいと悩んでいた人は、とりあえず「ASUS Eeebook X205TA」を購入すれば、きっと自分なりの使い方を見つけることができるでしょう。3万円のノートPCとは思えない完成度の高いノートPCが「ASUS Eeebook X205TA」という軽量ノートPCです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スター・ウォーズのカーテン、ラグ、マットが人気!大人デザインでおしゃれを楽しみたい方に
スポンサーリンク

500kbpsでも普通に使えます

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly