廉価版iPhoneは小さいのか大きいのかが大事

スポンサーリンク

この時期になると、新型iPhoneの噂が出てきます。昨年はiPhone6とiPhone6 Plusという2サイズの端末の噂が出ていましたが、今年は3種類の端末が出るという噂です。

DIGITIMES記事:Apple to release 3 iPhone models in 2H15

いつものパターンから行くと、今年は数字は変わらずsとかcが付くマイナーチェンジの年です。世間的な注目度は低くなる年になりますが、もしかしたら今年は思った以上に注目を浴びるかもしれません。

小さいiPhoneが出るのか出ないのか

次のiPhoneの最大の関心事は、小さいiPhoneが出るのか出ないのかということです。画面が大きくなったことで、たしかに見やすくはなりましたが、それと引き換えに大事なものを失ったように思います。あれだけ拘ってきたサイズをあっさりと諦め、片手で操作するのが難しいモデルを2つも出してきました。その結果、世界的に大ヒットしていますから、それが正解だったということになりますが、昔からのiPhoneファンとしては、やや腑に落ちないところがあります。もう少し画面が大きくなる理由や、画面が大きくなったことの意味を、しっかりとAppleに説明してほしかったと思います。そういった説明がなかったというのは、iOS8になっても、iOSに根本的な変化がなかったからじゃないかと思います。これ以上変化しようがないところまで来てしまっているので、年々iPhoneの置かれる環境が厳しくなっていくように思います。

そんな状況で出す切り札が、小さいiPhoneかもしれません。小さいiPhoneが、6cという廉価版モデルになるということは、1世代前のチップ(A8)を積んでくるでしょう。しかし、A8ぐらいの性能があれば、1世代前とはいえ、まったく問題はないように思います。

内部的な性能より大事なのは、画面が大きいのか小さいのかということです。もしiPhone5sぐらいの画面サイズでiPhone6cが発売されれば、iPhone5cのような微妙な雰囲気にはならないでしょう。iPhone6cが出るとしたら、どんなサイズで出てくるのか。廉価版iPhoneを成功させる最大のチャンスが来たかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly