auのGalaxy S6 edge(SCV31)にバージョンアップがきました(特に変化なし)

Screenshot_2015-05-18-15-41-37
スポンサーリンク

早くもauのGalaxy S6 edge(SCV31)にバージョンアップが来ました。バージョンアップといっても、とくに大きな変化はありません。700Mhz帯の電波に対応しただけのバージョンアップのようです。

ケータイWatch記事:auの「Galaxy S6 edge」が700MHz帯に対応

バージョンアップしてから3時間ほど使っていますが、とくに何が変わったか本当に分かりません。メモリーの消費量が少しでも減っていればいいなぁと思いましたが、アプリでメモリーをチェックしても、バージョンアップ前と変わりはありません。グローバル版のGalaxy S6 edgeより、メモリーの消費量が多いように感じるので(SCV31は、メモリの空きが500〜300MBぐらいが)、メモリー関係も次は改善してほしいところです。

バージョンアップは15分ほどで終了

今回のバージョンアップは簡単に終わります。時間にして約15分ほどでしょうか。データサイズも147MBですから、Wi-Fi環境じゃなくても、そこまで問題はないでしょう。
Screenshot_2015-05-18-15-41-37

Screenshot_2015-05-18-15-55-24

バッテリーも10%ぐらい減っただけでした。これぐらいのバッテリー消費量なら、充電しながらバージョンアップしなくても問題はありません。

細かい不具合は改善されず

使っていて不具合らしい不具合はないのですが、唯一気になるのは、auのWi-Fiの接続がうまくいかないということです。auのWi-Fiに接続にいくときに、自分のスマートフォンの携帯電話番号(ID)を毎回打ち込まないといけません。auのWi-Fiに接続するたびに同じ不具合が起きるため、au Wi-Fi接続ツール アプリの不具合じゃないかと思います。

その他には不具合らしい不具合はないので、メモリーの消費量を減らすことと、au Wi-Fiへの接続の修正の2つをお願いしたいと思います。欲を言えば、グローバル版のGalaxy S6 edgeがバージョンアップでRAWデータでの撮影に対応するようです。auとdocomoのGalaxy S6 edgeにも期待したいというか、絶対にバージョンアップで実現してほしいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly