サクサクでキーボードショートカットに対応しているRSSリーダーNewsifyを紹介

スポンサーリンク

GoogleがRSSリーダーの提供をやめた時ひと騒動ありましたが、Feedlyに落ち着きました。ほとんどの方が、Feedlyを使っているでしょう。

たくさんのブログ記事を集約するのはFeedlyですが、それを閲覧するアプリは、端末やOSによって様々です。WindowsやMacだと、アプリを使わずに、ブラウザーやChromeのアドオンを使えば解決しますが、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンやタブレットだと、どうしてもアプリに依存せざるを得ません。iPhoneなどのスマートフォンだと、タッチして操作するだけなので、世間的に有名なアプリで問題ありませんが、10.5インチ iPad Proだと少々事情が違います。

Smart Keyboardというカバー兼用のキーボードを使っているので、ノートPCのように画面を垂直の状態で使うことが多くなります。垂直に立った画面を、指でタッチするのは結構辛く、できることならキーボードショートカットを使って操作したいところですが、キーボードショートカットに対応しているアプリは多くありません。有名なアプリでも、タッチして操作するしかない状況ですし、キーボードショートカットに対応していても、痒い所に手が届かないアプリばかり。

どうしたものかと色々とRSSリーダーを探してみたところ、思った以上に良いアプリを見つけたので紹介します。

Newsifyの特徴

今回紹介するRSSリーダーは、Newsifyというアプリです。Newsifyの特徴を紹介します。

サクサク感
10.5インチ iPad Proの性能のせいかもしれませんが、驚くほどサクサクです。ここまで快適に動作するRSSリーダーアプリは、今まで会ったことがありません。わりと重めのRSSリーダーが多いのですが、Newsifyはパッパッとキビキビ動作してくれます。高10.5インチ iPad Proの処理性能の高さを感じることができます。

キーボードショートカットで操作できる
僕が1番求めていたことです。キーボードショートカットで操作できないと、Smart Keyboardを使う意味がありません。せっかく手元のキーボードで操作ができるのに、機能を活かしていないアプリが多すぎます。Newsifyのキーボードショートカットは、一通りのことが操作できます。

対応しているキーボードショートカット操作

キーボードショートカット一覧

機能 操作方法 説明
全フィードの読み込み ⌘R 全ブログの新着記事を読み込む
次のブログに移動 J 今選択しているブログの下にあるブログに移動
前のブログに移動 K 今選択しているブログの上にあるブログに移動
下にスクロール スペースキー 表示されている記事が下にスクロール
上に少しスクロール ↑(カーソルキー上) 表示されている記事を上にスクロール
下に少しスクロール ↓(カーソルキー下) 表示されている記事を下にスクロール
そのブログの次の記事に移動 J 次の記事に移る
そのブログの前の記事に移動 K 前の記事に移る
ブラウザーで開く O 全部表示されない記事をブラウザーで表示させる
記事一覧に移動 B 記事から記事一覧に移動
すべて既読 ⌘A すべての記事を既読に
登録してあるフィードを表示 M 記事一覧の左にある登録してあるフィードを表示

他にもキーボードショートカットでできる操作はありますが、主要なショートカットは以上です。ほぼすべての操作を、キーボードショートカットで操作できます。

個別にブログを読んでいくのではなく、Unreard Items(まだ読んでいない記事)から記事を読みにいき、最新の記事から順番に読んでいくやり方がおススメです。アプリを立ち上げると、Unreard Itemsが表示されますので、1番新しい左上にある記事をタッチして、キーボードのJを押して、次々と読んでいくというやり方がいいでしょう。

PS:全文が表示されない記事は、O(オー)を押すことで、ブラウザーで完全に表示することができます。これをSafariで表示させるようにしてしまうと、違うアプリに飛んでしまい、左上の小さいNewsifyという文字をタッチするか、⌘+→|(タブキー)というキーボードショートカット操作をして、アプリの切り替え一覧を表示させて、Newsifyを選択しないといけません。

Article Browserを選択

Open itemsを選択

Article Browser(内臓ブラウザー)を選択

アプリの中にある設定から、記事を完全に表示するときのブラウザーを、内臓ブラウザーにしておきましょう(最初は内臓ブラウザーになっています)。

アプリ内ブラウザーで記事の全文を読み込む設定にしておけば、Newsify内で操作が完結します。少しでも早く操作するためにも、アプリ内ブラウザーに設定したほうがいいでしょう。

広告削除と年間契約

アプリ内課金で、広告削除機能があります。¥360で広告削除機能を購入すれば、画面下に表示されている広告は表示されなくなります。少しでも画面を有効に使うためにも、広告削除機能は課金しておいたほうがいいでしょう。一度購入すれば、ずっと有効になりますので、安心して購入しましょう。

あとは、月¥360か年間¥3,600のアプリ内課金をすると、より機能がアップします。

有料機能

  • 記事の文章を全て読み込む
  • より高画像の写真を予め読み込んでおける
  • 全文検索ができる
  • パソコンのブラウザーからも使える
  • 10倍早くなる

といった機能が使えるようになり、より便利に使えるようになります。今のところは無料でも十分なので、有料会員にはなっていませんが、月360円ぐらいなら払ってもいいかなぁと思わせる完成度のアプリです。

全文が表示されないブログも、しっかりと全文を予め読み込んでおいてくれるのなら、課金してもいい気もします。もう少しアプリを使い込んでから、最終的な判断をします。

iPad Proを使っている方で、キーボードショートカットを使って、快適に読めるRSSリーダーを探している方はチェックしてみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly