一番安いKindleがベストバイな理由

スポンサーリンク

kindle Voyage、一番安いKindle、kindle Oasisと購入してきて、また一番安いKindleを購入しました。どのKindleもそれなりに使ってから手放しましたが、何故また一番安いKindleを購入したのでしょうか。

再び一番安いKindleが欲しくなった理由

  • 壊してもいい
  • バッテリーの持ちを気にしなくていい
  • 文字が読みやすい

これが電子書籍専用端末Kindleを再び欲しくなった理由です。Kindleは液晶ディスプレイではなく、E Ink(イーインク)という表示方式です。モノクロ表示ですが、コンストラストが強く、紙の印刷のように見えます。画面が切り替わるときにだけ電力が消費するので、なかなかバッテリーが減らないという利点もあります。カラーではないことや、画面の切り替えが遅いという欠点はありますが、読書ということに限れば問題にはなりません。

スマートフォンとは別に専用端末を持つことで、スマートフォンのバッテリーが減ることを気にする必要がなくなります。スマートフォンとは別に読書専用端末を持つことで、より読書に没頭することができます。

一番安いKindleなら、5,000円を切る価格で購入できます(Kindleプライム会員限定)。不定期に行われるセールを利用すれば、4,000円を切る価格で購入することもできます。この値段だったら、落として壊してしまっても問題ないでしょう。もし壊れてしまっても読書しかできない端末なので、そこまで困ることもありません。

雑念に惑わされず、ただ本を読む行為に没頭したい。これが一番安いKindleを購入した理由です。

思ったより質感が良い

以前一番安いKindleを購入したときは、モデルチェンジする前だったので、筐体デザインに安っぽさがありましたが、今のKindleは質感が上がっています。Kindle Paperwhiteがモデルチェンジをしないために、上位モデルより質感が高くなっています。とても5,000円を切る価格で購入できる端末とは思えません。


思ったより質感が良い上にホワイトというカラーを選択してしまったため、ついついケースを買ってしまいそうになりますが、どんどん汚して傷つけていきたいと思います。ボロボロになるまで使い倒すことで、Kindleを購入することに価値が出ます。

文字の粗さは気になるか

一番安いKindleで心配なのは文字の粗さです。上位機種のKindleのように、300ppiというRetina相当の解像度ではないので、文字が読み難いのではないかという不安があります。167ppiという約2分の1の解像度ですが、文字の大きさを調整すれば、文字の粗さはあまり気になりません。
– 下から4番目の文字サイズ

初期設定では、下から3番目の文字サイズになっていますが、これをもう一つ上に上げて、下から4番目の大きさにしましょう。やや読みにくい漢字も、はっきりと判別することができるようになります。

  • 下から3番目の文字サイズ

  • 下から5番目の文字サイズ

下から5番目の文字サイズにすると、6インチという画面サイズを活かすことができなくなります。

下から4番目の文字サイズ

これが一番安いKindleでオススメの文字サイズです。

行間、余白、画面方向のオススメ設定はこれ

バックライトが無い影響

次に気になるのは、バックライトが搭載されていない影響です。画面自体が光らないために、光がないところでは文字が読めません。やや暗い所で一番安いKindleを使うと、その場所の光以上には画面が明るくなってくれません。うまく画面に光が当たっていないと、快適に読書をすることができません。寝る前にベッドで寝転びながら本を読むのには向いていません。

日中に、カフェや公共の場で読むのなら、バックライトの必要はありません。店内の照明がしっかりとKindleを照らすことで、非常に鮮明な文字を表示してくれます。

暗い所では無理をして読書をするのを止めると決めて使えば、バックライトがない影響はないでしょう。どうしても読みたいときは、スマートフォンのKindleアプリを使いましょう。

買い!

Amazonプライム会員なら、常時4,980円で購入できます。不定期に行われるセールを狙えば、3,980円で購入できることもあります。Amazonで商品を購入することが多い方は、プライム会員になって、一番安いKindleを購入する価値はあります。

161gという鞄に入れても苦にならない重さで、傷がついても許せる価格のKindle。読書が大好きな方は、これ1台あれば100冊以上の本をいつでも読むことができます。旅先のふとした瞬間に、大好きな本を読む。紙の本では不可能なことが、Kindleがあれば可能です。

一番安いKindleを購入して、新しい読者体験を始めてみませんか。

Amazonプライム会員の入会ページはこちら

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly