微妙に大きくなったことで、10.5インチ iPad Proは最強のモバイル端末に。

スポンサーリンク

今日も10.5インチ iPad Proからこんにちは!10.5インチのiPad Proからブログを書いています。ちょっと10.5インチ iPad Proを使っただけでは、本体サイズが僅かに大きくなったことに気付きませんが、しばらく使っていると、様々なところで大きくなったことに気付かされました。

どんなところで大きさの違いに気付き、大きくなったことの変化を書きます。

ソフトウェアキーボードが打ちやすくなった

AppleもWWDC2017のプレゼンで話していましたが、画面が僅かに大きくなったことで、ソフトウェアキーボードのキーが少しだけ大きくなりました。ただ見ただけでは、大きくなったようには見えませんが、実際に10.5インチ iPad Proの画面でタイピングしてみると、昔のiPadよりミスタイプがないことに気付くでしょう。

ミスタイプが減れば、より快適に作業ができます。ちょっとしたことですが、大きな改善点です。

SmartKeyboardも打ちやすくなった

本体サイズが大きくなったことでSmartKeyboardも大きくなりました。SmartKeyboardと10.5インチ iPad Proを使える状態で見ると、大きくなったことを実感できませんが、蓋を閉じた状態から、キーボードを使う状態に持っていくと、感覚的に大きくなったのが分かります。9.7インチiPad Proで同じ動作をするときより、キーボードの重さや大きさを感じます。

とはいっても、僅かに大きくなっただけ。SmartKeyboardを机の上に置いたままだと、大きくなったとは感じませんが、SmartKeyboardで実際にタイピングをすると気付かされます。

明らかにタイピングがしやすい

微妙なサイズアップが、SmartKeyboardにもプラスに働きました。

  • キーサイズが僅かに大きくなった
  • Enterキーが日本語キーボードの仕様になった
  • かな、英数を1発で変えられるように

この3つが、新しいSmartKeyboardの変更点です。

9.7インチiPad ProのSmartKeyboardより、少しだけキーが大きくなって窮屈感が減り、自然にタイピングができるようになりました。

ようやくEnterキーの形状が一般的なキーボードと同じ形になったので、文字を確定するときに周囲のキーを押してしまうこともなくなりました。

iPad Proでバリバリ文章を書く人に嬉しいのは、「かな」と「英数」というボタンが追加されたことでしょう。Macでもお馴染みのボタンが追加されたことで、文字種の切り替えでもたつくことがなくなりました。9.7インチiPad ProのSmartKeyboardだと、コントロールキーとスペースキーで文字種を切り替えていました。文字種を切り替えているとき、すぐにシフトキーを押すと、再びかなに戻ってしまい、自分が打ちたい文字種を出すことができずにイラついた日々。10.5インチ iPad Proならそんな日々ともお別れです。ボタン一発で文字種を切り替えることができるようになったので、iPadの画面に「日本語ローマ字」「English(Japan)」と表示されません。

非常に地味な変更点ですが、どれも嬉しい変更点。ようやくMacBookにも負けないレベルになったでしょう。

最高の機動力

久しぶりにiPad Proで過ごしていて感じるのは、圧倒的な身軽さです。鞄からサッと10.5インチ iPad Proを取り出せば、場所を選ばずに文字を打つことができます。座る場所さえ確保して、膝の上に10.5インチ iPad Proを取り出せば、すぐに文章を打つことができます。

この身軽さはノートパソコンにはありません。12インチMacBookもこれに近い身軽さですが、SIMカードを差すことができる10.5インチ iPad Proのほうが上です。9.7インチiPad Proでも感じていた機動力の高さですが、10.5インチ iPad Proでより高みに登りました。

  • 処理速度の向上
  • メモリーの倍増
  • 描画速度の倍増
  • SmartKeyboardの文字が打ちやすくなった

史上最強のモバイルマシンといっていいでしょう。iOS11が正式にリリースされれば、より最強のマシンになりますが、今の段階でも十分なレベルです。

ノートパソコンの購入を考えている人にこそ、購入を検討してほしい端末です。自分の用途をしっかりと考えて、自分は何がしたいのか。自分のしたいことが10.5インチ iPad Proで完結するのなら、10.5インチ iPad Proを購入してみてください。

ノートパソコンにはない圧倒的な機動力のおかげで、生産性が大幅に向上するでしょう。

無理をしてでも、セルラーモデルを購入しましょう。いつでも通信できることで、iPadの世界が広がります。キャリア版を購入するもよし、SIMフリーモデルを購入して、格安SIMを使うもよし。最高の機動力で、日々の仕事を超速でこなしていきましょう。




格安SIMカード、OCNモバイルONEのレビュー記事:OCNモバイルONEの契約を500kbpsから5GBに変更しました | しあわせITせいかつ

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly