新型 MacBook Air(Mid2012)と1週間ほど付き合った今の気持ちを告白します

スポンサーリンク

新型MacBook Air(Mid2012)モデルと1週間ほど過ごしました。
新型のAirってどうなの?って方もいると思いますので、今の僕の正直な気持ちを書きます。

いいです!大好きです!

特に不満はございません。多分、MacBook Airを使用している人たちは、みんな同じことを言うと思います。特に不満のない、素晴らしいノートパソコンだと。この薄さと軽さ、そして普段使いではまったくストレスのないスムーズな使用感。普通にストレス無く使える。これがMacBook Airの一番のセールスポイントだと思います。

2011年モデルの11インチでも大きな不満はなかったのですが、今回2012年モデルに変えたことで明らかに良くなった点を中心に、新型MacBook Airについて書いていきます。

全体的にスピーディー
まず1番良くなったなと思う点は、2011年モデルのAirより全体的にスピーディーになり、使っている時の使用感が上がっていると思います。2011年モデルでもスピーディーで特に不満はないレベルでしたが、2012年モデルはメモリーを8GBにすることが出来るようになり、さらにメモリー自体のアクセススピードも向上していますので、(1,333MHz DDR3から1,600MHz DDR3に性能向上)全体的に何をするにしてもスムーズな感じです。

メモリー8GBは大きい
2011年モデルは4GBまでしかメモリーを積めなかったので、常にメモリーの空きが1GBを切ていて、アプリケーションを2つ3つ立ち上げていくと、メモリーの空きが残り100MBを切るのが当たり前というような状態でした。ところが2012年モデルは、同じようにアプリケーションを2つ3つ立ち上げても(メモリーは8GBにしてあります)、メモリーの空きが3GB以上あります。これだけ余裕があれば、安心して作業ができます。
2011年モデルですと、たまに、少し固まるような場面があったのですが、2012年モデルではありません。

本体の発熱も少ない
さらに、2011年モデルはファンがかなり回っていたのですが、2012年モデルはあまり回りません。2011年モデルは、本体自体に結構熱を持っていて、膝の上に乗せて使う時に、少し気になる部分もあったのですが、2012年モデルはあまり本体が熱くならないので、膝の上に乗せてもあまり気になりません。

大人の余裕
2012年モデルのMacBook Airは、全体的にハードに余裕ができ、使用感が上がっているというのが1番の特徴のような気がします。MacBook Airというハード自体はすでに完成されていましたので、その完成されたハードを今の技術で組み立て直すことにより、より良いハードになっているということです。2012年モデルのMacBook AirでAirというマシーンがひとつの完成形になったと思います。

11インチか13インチ
これからパソコンを買いたいと相談を受けたら、迷わずMacBookAirを薦めます。こんなに使い勝手の良いノートパソコンは他にはないと思います。

購入する時に一番悩むのが、11インチにするか13インチにするかという点だと思います。

性能的には差はほぼありません。CPU、メモリー、SSDの容量もどちらのモデルでも同じ仕様にすることができます。違うのは画面サイズ、画面解像度(大事な点)、バッテリーの容量(モバイルマシーンでは重要な点)、SDカードがダイレクトに挿せるか挿せないか(以外に重要な点)です。この4点が自分に取って必要か必要じゃないかを判断した上で、11インチモデルか13インチモデルかご検討ください。

アップル – ノートパソコン – MacBook Air – 11インチモデルと13インチモデルを比較する。
性能の対比表です。

 

 

 

※こちらから購入されますと、メモリーは4GBになりますのでご注意ください。
メモリーを8GBにしたい方は、Apple Storeからご注文してください。

apple Store(オンライン)

 

 

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly