日本のおもてなしを味わう 伊兵衛 (名古屋 浅田はなれ) 日本料理

スポンサーリンク

量より質。これが日本の神髄だったのではないでしょうか。そんな日本の良さが最近知りたい毎日です。
たまには食事をする場所も変えてみようと、名古屋駅のタワーズにある、伊兵衛 (名古屋 浅田はなれ)さんに行ってきました。最近、量をガッツと食べるより、厳選した物を落ち着いて食べた方が全体的な満足度が高いような気がします。食事という物はただ食べるだけではなく、お店の雰囲気や店員さん、そして一緒に行く人で変わってきます。

もっと食事という物をじっくり味わえるようなお店に行こう。そう思い、伊兵衛 (名古屋 浅田はなれ)さんにお邪魔しました。

名古屋伊兵衛 | 加賀料理 料亭浅田
大人の男が行きたいお店。

タワーズはどこのお店も賑わっています。そんな中こちらのお店の入り口は他のお店とは違います。高級料亭らしい雰囲気。入り口からは中の様子を伺うことができません。
ここのお店だけ別空間のような雰囲気を入り口から作っています。

入り口に立ちますと、右手と左手にお店が分かれています。後から公式ホームページを見て理解しましたが、テーブル席とカウンター席のほうが「伊兵衛」で、お座敷のほうが「浅田はなれ」というお店の名前のようです。

料理は同じように見えますが、お座敷のほうが団体向けのメニューになっていたり、またお座敷量を1人¥1,500頂戴するようです。「浅田はなれ」のほうは、より落ち着いて会合とかをする感じでしょうか。僕がお店に入る時も、3人ほど明らかに大会社のお偉いさんみたいな感じの方が入っていきました。

お座敷の方へ入っていった男性3名を見た後では、明らかにお店の雰囲気にそぐわない自分を見て焦りました。さらに、
公式ホームページを見ますと、このような記述が。
※誠に勝手ながら、カウンター席のご利用は中学生以上の方に限らせて頂いております。

これは入り口で断られてしまうのではないか?!入店拒否もありえるかと思ったのですが、ちゃんと大人だと分かってくれたようで、何事もなく店内に通してくれました。(さすがにもう僕でも子供には見えないですよね)

カウンターに案内されました。15名ほど座れるカウンター席が中にありました。店内の案内図はこちらです。このようなお店の作りになっています。

カウンター席には僕を含めて7名ほどのお客様がいましたが、皆さんお上品は方ばかりで、とても良い雰囲気をお店の中に作っていました。

お昼のお品書きはこのようになっています。

その中から、平日お昼限定のものを注文しました。


べんがら弁当 2,980円(税奉込)


まず、このようなお品書きが出てきます


IMG 2611

料理はこのような感じでした。
IMG 2612

IMG 2613

刺身や煮物等、落ち着いた上品な料理を堪能しました。食後には、塩ジェラートが。また、この塩ジェラートが甘すぎず絶妙な味で最後まで楽しませてもらいました。

和の味と雰囲気を存分に堪能してお店を後にしました。

やっぱりこのようなお店で、落ち着いて食事をするのはいいなぁと再確認。

夜のお品書きはこのようになっています。このお店の雰囲気と料理なら納得のお値段です。

こういったお店で、夜は大切な人とゆっくりと語ってほしい。
尾山 7,000円(税込奉別)の料理と軽くお酒を注文し、1人約10,000円で夜もお楽しみ頂けます。

日本の良い文化を引き継いでいるこのようなお店を、もっと若い人たちが利用することが日本を良くしていくことだと思います。こういったお店に行くには、行く方もちゃんと常日頃から勉強して毎日をしっかり過ごさないといけません。お値段もそれなりにしますので、しっかり働かないといけないですし。ご年配の方だけでなく、若い人もこういったお店に当たり前に出入りできるような品格と経済力を築いていくことが、日本を元気にしていく事なんじゃないかなぁと、お店を後にして思いました。

大人の男が行きたい度★★★★☆

伊兵衛 (名古屋 浅田はなれ)
[日本料理] TEL:052-569-5151
〒450-6012 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ・タワーズプラザ12F
JR 名古屋駅 徒歩1分

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly