映画の夏4 アベンジャーズ

スポンサーリンク

8月最後の映画は、話題作「アベンジャーズ」です。日本よ、これが映画だ。というかなり挑戦的なキャッチコピーが話題です。

キャラクター | アベンジャーズ | 映画
アメリカよ、これは映画じゃない。

アメリカの大人気キャラクター達、マーベルコミックのスーパースターが一堂に会した、ドリーム映画です。話の辻褄合わせは無視して、お祭り騒ぎ的な映画です。

これだけたくさんのヒーローが出て、派手なアクションシーン、お金もをかけたCGで、これでもかと物量作戦で観る人に迫ってきますが、個人的にはまったく響かなかったです。「日本よ、これが映画だ」というアメリカに、「アメリカよ、これは映画じゃない」と言い返してやりたいです(笑)ただ派手にドンチャンやるだけが映画なのでしょうか、、、最初からこの映画はそういうコンセプトなので、そのコンセプトを分かっていながら、それでも観に行った僕が悪いのかもしれませんが、もっと違うやり方があるように思います。

映画『アベンジャーズ』の日本公開が世界で最も遅かった理由:日経ビジネスDigital
ダークナイト・ライジングを避けるためと、お盆休みの集客を狙ったんだと思う。

アベンジャーズは全世界で公開週№1を取っていますので、この日本でも絶対に1位を取るのは、絶対命令だったそうです。結果的には1位になりましたから、戦略は大成功でした。アイアンマン、ハルク等の映画は日本でも大ヒットしていますので、その辺りの映画に思い入れのある方は、楽しめた映画だったのかもしれません。僕はまったく知らず、知っているのといったらスパイダーマンぐらいだったので、その時点で楽しめる訳がなかったのかもしれません(笑)
ただ、個人的にはアイアンマンのトニースターク役のロバート・ダウニー・Jrは良かったです。演技、キャラクター性、一人だけずば抜けていたと思います。

マーベルコミックのキャラクターが好きな方は是非観に行ってください。それ以外の方は、、、あまり楽しめないかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly