板(iPad)だけで生きる。Vol. 2 手書き入力 [執筆時間30分]

スポンサーリンク

以前から素晴らしいと思っている文字入力システムがあります。

mazec

手書きで文字を入力できるシステムです。常日頃から、キーボードをタイピングしている人には、全く不要なシステムかもしれません。しかし、コンピューターの「こ」の字も聞きたくないような人にとっては、非常にありがたいシステムです。

手書き文字入力システムmazec

9.7インチiPad Proが登場したときに、Apple Pencilとmazecを使うことで、手書きブロガーが誕生すると書きましたが、一向に登場する気配はありません。

コンピューターを始めるにあたって、一番障害になるのは文字入力です。何をするにしても基本になるコミュケーション。コンピューターで文字を打てないと、誰かとやり取りすることもできませんし、インターネットで検索することすらできません。

携帯電話やスマートフォンが普及したのは、パソコンのキーボードで文入力するより簡単だったからでしょう。

9つのボタンだけで文字が打てます。あ・か・さ・た・なと順番に並んでいるので、コンピューターが苦手な方でも、それなりに文字を打つことができます。

CF-NX2 キーボードのテカリ具合

CF-NX2 キーボードのテカリ具合

これがパンコンのキーボードです。不規則に文字が並んでいる上に、ローマ字で入力をしなければいけない。こんなにたくさんのキーがあるものを、ササ一ッと打てなくて当然です。相当鍛練しないとブラインドタッチはできません。

コンピューターで文字を打つのはとても難しい行為です。パソコンで文字を打つのは、さらに難しくなります。だから、パソコンが苦手な方が多いのでしょう。

mazec

コンピューターが苦手な方に試してみてほしいのがmazecです。iPhone、iPad、Android、Windowsで使えますが、iPad版がおススメです。Apple Pencilを使うことで、紙に手で文字を書く感覚で使うことができます。

板だけで生きられる

iPadだけで生きる。僕らが何度も夢を見ては破れてきた世界です。初めて夢を見たあの日から7年経ちましたが、未だに夢のまま。本体性能は大幅に向上し、ノートPCレベルの性能になりましたが、ほとんどiPadの使い方は変わっていません。

未だにPCを置き換えることはできず、画面の大きいiPhoneという状況。それでも未来を信じてiPadで頑張ってみますが、やっぱりノートPCのほうが便利だと感じさせられます。2017年秋に登場するiOS11で、大幅にiPadが進化します。これでノートPC並みに使いやすくなると期待が寄せられていますが、iPadはiPadのままでしょう。今よりは使い勝手がよくなる程度で、根本的に何かは変わらないと思います。

iOS11を待つより、すでに僕らの手元にある、10.5インチiPad Pro、Apple Pencil、mazecの3つを使ったほうが、ノートPCでは到達できない世界を手に入れることができるでしょう。

まだまだ板だけで生きる道を模索します。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly