LIFEBOOK AH77/G FMVA77GRのSSDを換装する方法

SSD換装




価格.com – 富士通 FMV LIFEBOOK AH77/G FMVA77GR [ガーネットレッド] 価格比較

8年前のノートパソコンだが、まだまだ現役で戦える性能は持っている。

搭載されているCPUは、Core i7-2670QM。ベンチマークスコアはGeekBenchのシングルが2600、マルチが8000。

シングルのスコアはあまり高くはないが、マルチコアの性能は、今でも現役で戦えるレベル。メモリーも8GB搭載しているので、バリバリ現役で戦えるマシンだ。

唯一の弱点は、HDDを使っているという点。昔のパソコンの多くは、データの読み書きをする記憶媒体がボルトネックになっている。今では当たり前のSSDではなく、HDDを使っているため、読み書きの速度が10倍以上違う。

HDDがSSDになるだけで、まるで新しいパソコンを買ってきたかのようになるのは、SSDのおかげだ。

15インチのノートパソコンなので、SSDへの換装も難しくない。

裏蓋のネジを外すだけ

You Tubeで探したところ、キーボードを開けなければいけないと思ったが、このFMVA77GRという型番は、裏面のネジを外すだけで、HDDを取り外すことができた。

蓋の中にはHDDがマウントされている。ネジを外せば、簡単にHDDを取り出すことができる。あとは2.5インチSSDを装着し、元通りにするだけ。

Windows10をクリーンインストール

Windows7以降のパソコンなら、Windows10に無償でバージョンアップできる。USBメモリーにWindows10のインストールメディアを作っておく。作ったUSBメモリーをパソコンに挿して電源を入れる。おそらくUSBメモリーから起動しようとするので、Windows10のインストール画面になるはずだ。

あとは指示通りに進めていく、まっさらなWindows10になる。HDDに入っているデータだけ他のUSBメモリーや外付けHDDにコピーしておき、一からアプリやデータを入れ直していこう。

新品のパソコンを買ってきたかのように、見違えるように速くなるだろう。

SSD換装手順

ノートパソコンの機種によって、ネジの位置や裏蓋の外し方違いますが、基本的な流れは同じです。

  1. パソコンに入っているデータを全て外付けHDDやUSBメモリーにコピーする。
  2. 画面右下のWindowsボタンからシャットダウンする。
  3. ノートパソコンを裏返して、バッテリーを外す。
  4. ネジを外す
  5. HDDを取り出す。
  6. SSDを取り付ける。
  7. ネジを回して元に戻す。
  8. USB端子にWindows10インストールメディアが入ったUSBメモリーを差し込む
  9. 電源を入れる。
  10. Windows10をクリーンインストールする。
  11. 初期セットアップを済ます。
  12. アプリをインストールする。

LIFEBOOK AH77/G FMVA77GRがサクサクと動くように

HDDがボルトネックだったというのが、使い始めてすぐに分かる。明らかに起動も早いし、アプリも立ち上げてすぐに起動する。

これが本来の性能。FMVA77GRは、まだまだ現役で使えるノートパソコンなのだ。

ヤフオク! -「FMVA77GR」(富士通) (ノートブック、ノートパソコン)の落札相場・落札価格

ヤフオクでの検索結果は上記リンクから。落札価格は2万前後のようだ。持ち運ぶには少々辛いサイズだが、自宅で使うには十分。Blu-rayドライブも搭載しているので、コスパは高い。

LIFEBOOK AH77/G FMVA77GRをSSD換装した総評

換装のしやすさ★★★★★とても簡単
換装後のパワーアップ度★★★★★見違えるように速くなった
おすすめ度★★★★★絶対にSSDに換装したほうがいい
(おーの ゆーや)
裏のネジを少し取り外すだけで、簡単にSSDに付け替えることができる。古いCPUとはいえ、Core i7なので、SSDへ換装した効果は大きい。自宅用のPCとして、大活躍してくれるはずだ。

 

スポンサーリンク


SSD換装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。