富士通ノートパソコン「FMV LIFEBOOK AH77/R」SSD換装




パソコンといったら、富士通、NEC、東芝です。日本の家電量販店にたくさん置いてあるのが、国産メーカーのパソコンです。種類がたくさんあり、どれを買ったらいいか迷ってしまいます。

そんな国産ノートパソコンに使われている部品で、パソコンの動作を遅くするのがHDD。データを保存しておくのにつかわれる部品ですが、より高速にデータを読み書きできるSSDという部品があります。以前は高価だったSSDも、今では随分と安くなり、最近のパソコンに多く使われています。

昔のパソコンはSSDがあまり使われていないため、どうしても動作が遅くなります。HDDをSSDに載せ換えることさえできれば、動作が速くなるのに、、、

自分で取り換えることが不可能かと思いきや、ノートパソコンの多くは、裏蓋を外して、部品を交換することができます。

機械をいじると不安になりますが、SSDの交換は慣れれば難しくありません。今回は、富士通の「FMV LIFEBOOK AH77/R」というノートパソコンのHDDを、SSDに換装してみました。

FMV LIFEBOOK AH77/Rのスペック

まずは、「FMV LIFEBOOK AH77/R」のスペックを見ていきましょう。

CPUCore i7 4712HQ 2.3GHz(4コア)
画面サイズ15.6インチ
解像度1920×1280
タッチパネルタッチ対応
メモリー8GB(DDR3L PC3L-12800)
メモリースロット(空き)2(0)
ストレージHDD1TB
重さ2.5kg
幅×高さ×奥行377.2×23.8×256.6mm

15インチのノートパソコンなので、重さは2.5kgと重くなっていますが、CPUが Core i7 4712HQ という高性能なものを使っており、5年前のパソコンとはいえ、今でも主力で使える性能です。

PassMark:7515

ベンチマークスコアは7515。最近の10万ぐらいのノートパソコンに搭載されているCPUよりも高速です。

これだけの高性能を活かしきれていない原因は、ストレージにあります。1TBという大容量ですが、HDDが使われています。これがSSDになるだけで、見違えるように早くなります。

13インチのノートパソコンではなく、15インチのノーパソコンなので、部品の取り換えも、比較的簡単にできます。中古で安く入手して、SSDに載せ替える価値はある1台といえます。

FMV LIFEBOOK AH77/RをSSDに換装する仕方

裏蓋を外す

この2つのネジを外す。

まずは裏蓋を外します。ネジがたくさんありますが、まずは2つのネジを外します。

見えるネジを全て外していいく

2つのネジを外すと、裏蓋をスライドさせることで外れます。パソコンを壊してしまいそうでドキドキしますが、安心して外しましょう。

ここからが本番です。見えるネジを全て外していきます。ネジを外すと、このプレートが外せます。

本来は下に固定されているHDDが、プレートにひっついてしまっていた

このプレートを外すときは慎重に外しましょう。元々入っているHDDが、このプレートに引っ付いてフレキシブルケーブルごと抜けてしまうことがあります。

ケーブルを接続しているコネクタが軽い形状のため、ケーブルが断線することはないと思いますが、そっとプレートを外しましょう。

とても薄いコネクターに接続

コネクタが抜けてしまったら、黒いテープを剥がして、薄いコネクターを探しましょう。コネクターに見えないぐらい薄い形状ですが、SSDを接続するコネクターがあります。ここにフレキシブルケーブルを差してパチンとコネクタを上から倒すと、SSDが接続されます。

SSDの換装完了。ネジをしめて元に戻す。

これでSSDへの換装が終わりました。

PS:メモリーも簡単に交換して、増設できるのが分かります。

見違えるほど高速に

全てが驚くほど高速に

Windows10をインストールするUSBメモリーを差してPCを起動し、Windows10をクリーンインストールすれば、SSDへの換装は完了です。

Windowsの起動、アプリの起動など、全てが高速になり、見違えるように早くなりました。同じパソコンとは思えないほどの快適さ、これがFMV LIFEBOOK AH77/Rの本来の力なのでしょう。

作業難易度:★★★☆☆

ネジが多いのと、中のプレートを外すときに、HDDが接続されているフレキシブルケーブルがちぎれないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。