縮小し続けるiPad市場。新しいiPadでさらに縮小へ。

スポンサーリンク

iPadが売れていません。法人需要では強い需要があるようですが、個人向けの販売は年々下がっています。

2016年10月から12月の3ヶ月間の売上台数は1308万台。前年の同期は1612万台なので、約19%も減少しています。1番売れるホリデーシーズンに新型が投入されなかったということもありますが、それでも販売台数が減りすぎです。

なぜiPadが売れなくなったのでしょうか。

  • とくに変える必要性を感じない
  • iPhoneが大きくなってしまった
  • iPadでできることはiPhoneでもできる
  • 安いタブレットが出回った

これがiPadが売れなくなった理由です。

とくに変える必要性を感じない

これは大問題です。熱狂的に売れたiPadですが、iPadを買い換えた人いますか?ガジェットが大好きな人は定期的に新型を買っているでしょうが、古いiPadを使っている人がほとんどでしょう。最初に購入したiPadで満足してしまって、わざわざ買い換える必要性を感じません。

多少古いiPadの性能に不満があっても、2年ぐらいで新しく買い換えているiPhoneで事が足りてしまいます。常に使わないiPadは、買い換える優先順位が低くなってしまうのです。

iPhoneが大きくなってしまった

画面が大きい事がiPadの優位点ですが、iPhoneが大きくなってしまったことで、その優位点も揺らぎつつあります。PlusのiPhoneは5.5インチです。9.7インチのiPadと比較すると、半分ぐらいのサイズになりますが、7.9インチのiPad miniと比較すると、その差は小さくなります。

PlusのiPhoneが出てしまったことで、iPadの優位点が失われてしまいました。雑誌などを読むときは、9.7インチiPadの優位性はありますが、PlusのiPhoneでも見れなくはないかなぁという感じです。PlusのiPhoneで事が足りてしまうせいで、ますますiPadを購入する必要性がなくなりました。

iPadでできることはiPhoneでもできる

画面サイズ以上に問題なのは、iPadとiPhoneの機能的な違いがほとんどないことです。同じOSを搭載しているiPadとiPhoneは、できることがほとんど同じです。iPadでやれることは、画面が小さいiPhoneでも出来てしまいます。

画面が大きいが故の優位点はありますが、高いお金を出してまで買い換えるほどのものでもありません。このまま同じOSを搭載しているうちは、iPadの売り上げが急激に伸びることはないでしょう。

安いタブレットが出回った

AndroidにもiPhoneにも同じアプリが出ており、もはやiPhoneである必要性はなくなりつつあります。何をやるにしてもアプリ次第のスマートフォン。同じアプリがあれば、無理をして高いほうを買う必要性はありません。

常に手元にあるiPhoneは、見栄を張るような部分もあり、やっぱりiPhoneじゃないとみたいなカッコつけの部分もありますが、室内で使うことの多いiPadは、安いタブレットで十分です。

3万ぐらいで買えるタブレットで十分事が足りてしまうので、割高なiPadを買う必要性がなくなりつつあります。

Appleが出した答えは

Appleは安いiPadを出しました。わざわざiPad Air2より性能が劣るiPadを出すということは、AirじゃないiPadを使っている人が相当いるということでしょう。

値段もぐっと下げがって、37,800円からになりました。安いAndroidタブレットよりは高い値段ですが、この値段なら買い換えてもいいかなぁと考えることができる値段です。

iPadAir2とどちらが性能が良いかは判断が難しいところですが、AirじゃないiPadを使っている方は、買い換えたら性能アップを実感できるでしょう。

Split Viewやピクチャーインピクチャーといった、iPhoneにはない機能が使えます。iPhoneで十分という方も、iPadの便利さを実感できるでしょう。

廉価版のiPadを出したことは、テコ入れとしては悪くない施策ですが、タブレットの未来は何一つ提示できていません。iPadがないと困るという提案ができない限り、ますますiPadの売り上げは下がるでしょう。

新しい提案ができないから、値段を安くして売り上げの減少に歯止めをかけようとするApple。これが正しい選択かどうかは、そう遠くない未来に判明するはずです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly