購入後1ヶ月レビュー「ASUS ASUS ZenPad S 8.0 32GBモデル」

スポンサーリンク

DSCN7924「ASUS ASUS ZenPad S 8.0 32GBモデル」を購入して1ヶ月が経ちますので、1ヶ月間使ってみた感想を書きます。

ASUS ASUS ZenPad S 8.0 32GBモデルを購入した理由は、搭載されているRAMが4GBだからです。多くのタブレットは2GBのRAMしか搭載していませんが、ASUS ASUS ZenPad S 8.0 32GBモデルは倍のRAMを積んでいることになります。コンピュータでRAMの容量が増えると、複数のアプリケーションを使っても、動作が遅くなりません。パソコンのように複数のアプリケーションを同時に使うことは少ないかもしれませんが、ちょっとしたことでもRAMが多い恩恵を感じることができるのでしょうか。

何をするにしてもサクサクと動く

多くのAndroidタブレットは、複数のアプリを立ち上げていくと、少し固まるようなことがあります。明らかにRAMが足りていないと思いますが、ASUS ZenPad S 8.0 32GBモデルではほとんど固まることはありません。稀に固まって動かないこともありますが、RAMが足りていないというようり、何かのバグで動作がおかしくなっているようです。基本的には固まるようなことはなく、何をするにしてもサクサクと動きます。

サクサク動くのは、間違いなくRAMが4GB搭載しているおかげでしょう。サクサク動くタブレットが欲しいという方は、「ASUS ASUS ZenPad S 8.0 32GBモデル」を購入する価値はあります。

画面が綺麗

思った以上に画面が綺麗です。画面の綺麗なタブレットといったらiPadですが、iPadとはまた違うディスプレイの綺麗さを感じます。液晶の解像度が2048×1536もあります。液晶ディスプレイの品質が不満に感じる方はいないでしょう。

動画再生がいい

Blur-Free Motionという機能のおかげで、映像のブレを抑えてくれます。動画をボーッと見ていると、いつもよりヌルっと動く感じがします。これこそが、Blur-Free Motionなのでしょう。無駄にヌルっと動画が再生されるので、あらゆる動画をASUS ZenPad S 8.0で再生したくなります。

音がいい

ASUS ZenPad S 8.0は音もいいです。DTS – HD Premium Soundを搭載しているおかげで、他の端末で聞くよりも音に迫力があります。Bluetoothイヤホンでは効果がないようなので、有線のイヤホンで聞かなければいけませんが、映画館で音を聞いているような迫力を感じます。
映像も良くて音が良いので、いつまでも動画を見続けることができてしまいます。勿論、Google Play Musicのような定額制音楽配信サービスにも効果はあります。あまりに音が良すぎて、震えてしまうほどです。この音の良さは体験してほしいと思います。

端末が軽い

本体重量が298gと軽量です。iPad mini4もほぼ同じ重さですが、明らかにASUS ZenPad S 8.0のほうが軽く感じます。Apple製品は作りが良すぎるためか、どうも重く感じます。ASUS ZenPad S 8.0はチープな質感のおかげで、手に持っても軽く感じます。手に持ったときに軽く感じるおかげで、電子書籍を読むのもはかどります。iPad mini4だと疲れて仕方がありませんでしたが、ASUS ZenPad S 8.0なら快適にKindle本を読むことができます。

DSCN7917

電子書籍を快適に読むには、端末の重さに左右されます。Kindle Voyageの軽さには敵いませんが、8インチタブレットの中では最軽量なおかげで、快適に電子書籍を読み続けることができるでしょう。

電池の持ちが悪い

欠点らしい欠点はありませんが、欠点を上げるとすれば、バッテリーの持ちが悪いことでしょうか。タブレットはスマートフォンよりバッテリーが持つイメージがありますが、ASUS ZenPad S 8.0のバッテリーの減り方は、スマートフォンに近いものがあります。動画を見たり、音楽を聞いたり、電子書籍を読んだりしていると、あっという間に50%を切ってしまいます。

搭載されているバッテリー容量が4,000mAh。電池の持ちが良いと言われるiPad mini4は5,124mAです。iOSよりバッテリー消費が多いのに、iPad mini4より少ないバッテリーでは仕方がありません。ASUS ZenPad S 8.0の中身の問題というより、単純にバッテリー容量が足りていないのでしょう。これ以上バッテリーを増やすと、本体重量が重くなってしまいます。重さとバッテリー持続時間を天秤にかけて、このバッテリー容量にしたのでしょう。こまめに充電することで、うまくカバーするしかないでしょう。

ペンはイマイチ

もう一つ欠点がありました。別売りのペンに対応していますが、ペンの使い勝手はよくありません。iPad Proのような繊細な線を書くことはできません。アプリが対応していないというのもありますが、筆圧感知に対応しているアプリを使っても、あまり気持よくありません。ハード的にイマイチな感じです。わざわざ別売りでペンを購入する必要はないでしょう。

ブログを書いたりすることも問題なくできます

動画を見たり音楽を聞いたり本を読んだり、これでは普通のタブレットでもいいじゃないかという気がします。もう少しパソコン的な使い方ができないか気になるところです。個人的にはブログを毎日書いているので、ブログが快適に書けるか試してみた感想を書きます。

いくつかの記事はASUS ZenPad S 8.0で書きましたが、他のAndroidスマートフォンよりは快適にブログを書くことができました。勿論、Bluetoothキーボードで文章を打ちましたが、まずまず快適に文章を打つことができました。WordPressアプリで文章を打ち込むと、わりとモッサリとしていてイライラしますが、ASUS ZenPad S 8.0はあまりモッサリしません。若干重いかなぁと感じるときはありますが、他のAndroid端末よりは快適に文章を打つことができました。おそらくRAMの容量が4GBというのが効いているのでしょう。大容量のRAMを搭載しているおかげで、パソコンっぽいこともまずまず快適にできます。もう一息サクサクと動いて欲しいところですが、これはCPUの性能が向上しないと改善されないでしょう。現状の性能では、トップクラスの快適さになっています。

Androidタブレットではトップクラスにいい

低価格のタブレットが多いため、オススメできるAndroidタブレットがありませんが、ASUS ZenPad S 8.0は違います。現時点でトップクラスの性能を搭載しているので、とても使い勝手の良いタブレットになっています。値段も3万5千円を切ってきており、オススメしやすい価格になってきました。使い勝手の良いタブレットを探している方は、ASUS ZenPad S 8.0の購入を検討してみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly