Windows10が入っているUSBメモリーはUEFIブートできないので自分で作り直す必要があります

スポンサーリンク

Windows10のインストールはUSBメモリーで楽ちんでいいなぁと、のほほんな気持ちでいましたが、大きな落とし穴がありました。買ってきたWindows10に入っているUSBメモリー(シルバーとブルーのオシャレなUSBメモリー)でインストールすると問題が発生します。このUSBメモリーではUEFIブートができないため、AHCI(BIOSブート)になってしまうのです。たくさんの自作PC本を読み、SkylakeのマザーボードにWindows10をインストールするときは、UEFIブートを選択するようにと書かれているのに、UEFIブートの項目がなかったのです。自動でUEFIブートしてくれているのかと思っていましたが、そんな気の利いたことはしてくれません。

UEFIブートでWindows10をインストールするには、DVDにWindows10を入れるか、とある方法を使って、UEFIブート可能なUSBメモリーを作る必要があります。

Rufusというソフトを使ってUEFIブートできるUSBメモリーを作る

普通にUSBメモリーにWindows10のデータを入れても、最初から付いているUSBメモリーと同じです。UEFIブートができるUSBメモリーを作るには、「Rufus」というソフトを使います。このソフトを使ってUSBメモリーにWindows10のISOデータを書き込みます。そうすれば、UEFIブート可能なUSBメモリーが出来上がります。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

Windows10のデータは上記のページからダウンロードしてください。買ってきたUSBメモリーに入ったデータじゃなくても大丈夫です。買ってきたWindows10に同梱されている、プロダクトキーを打ち込めばオッケーです。

Windows10 を GPT パーティション形式にした SSD にクリーンインストール

rufusの使い方は、上記のブログ記事を参照のこと。そんなに難しくないので、すぐにUEFIブート可能な、Windows10のデータが入ったUSBメモリーができるでしょう。

UEFIブート可能USBメモリーを差し込んで順番にインストールしてけば、無事に新しいマザーボードに対応したWindows10が完成します。

UEFIブートでインストールすると、Windows10の起動が早くなったり、2TBを超える容量のHDDを、OSの起動ディスクにすることができるようになります。そこまで大きなメリットはないかもしれませんが、最初にしっかりとやっておかないと、後から変更することはできません。再度Windows10をインストールし直すことになりますので、必ずUEFIブートでWindows10をインストールしましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
    follow us in feedly