Kindle Unlimitedは速読の練習になる?!

スポンサーリンク

これといった本がないんでしょ?!そんな疑いの目で使い始めたKindle Unlimitedですが、思っていた以上に読みまくっています。ここまで利用することになったのは、雑誌が充実していたからです。雑誌を2冊も読めば、それだけで元は取れます。さらに、気になる本もチラホラとあったりするので、これで毎月980円なら、払い続ける価値はあると思います。

980円で読み放題という副産物もあります。980円で読み放題なんだから、とりあえず読んでおけとなるのです。気になった本をダウンロードしては、流し読み的にさーーーっと読んでいます。

読まなくても980円。さーっと読んでも980円。じっくり読まなくてもいいから、とりあえず目を通しておけ的な読み方ができます。1冊買い切りの本だと、こうはいかないでしょう。セールで安く購入したとしても、せっかく購入したのだからと、最後までしっかりと読もうとします。

最後までしっかり読もうとすると、かえって読まないことになり、積読状態になります。これが読み放題となると、ガラッと変わります。食べ放題、無理をしてでも食べなきゃ損のような考えで、無理をしてでも本を読んでしまうのです。

普段だったら読まないような本でも、とりあえず目を通しておこう的な読み方をして気付きました。

これは速読の練習にいいかもしれない

速読というものに興味はありますが、本格的に取り組んだことはありません。なんとなくやり方が書いている本を読んだときに書いてあったのは、サーっと右上から左下まで文字を流すように読んでいくという感じだったように思います。

このやり方が正しいのかは分かりませんが、目を通す感じでなんとなく読んでいるだけでも、少しは頭に文章が入ってきます。

読まなくても980円、目を通しただけでも980円。せっかく契約したのですから、なんとなくでもいいから読むほうを選ぶでしょう。

毎月980円払うだけで、なんちゃって速読までマスターできるのなら、これは結構安い買い物なのかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly